【ハリケーンランタン】パラフィンオイルは灯油と比較して安いのか?その使い道や、どこに売っているのかも解説!

今回はハリケーンランタン用のパラフィンオイルについて、「どこで買うことができるのか?灯油と比べて高いのか?安いのか?」を調査いたしました。

また、灯油とパラフィンオイルの特徴をそれぞれ比較し、どちらがオイルランタンの燃料として優れているかを検証いたしました。

テントでオイルランタンを使用したいけど、灯油だと匂いが気になる…

パラフィンオイルを使用するメリットは?

そんな悩みや疑問をお持ちの方はぜひ参考にしてください。

こんな方におすすめ
・灯油とパラフィンオイルの違いを知りたい方
・灯油とパラフィンオイルはどちらが燃料として安いのか
広告

パラフィンオイルとは?その特徴を紹介!

パラフィンオイルとは「石油を分留して取り出される燃料の一種」で、無色透明の程よい粘性を持った液体です。

パラフィンオイルは引火点は95度以上で通常の石油よりも高く、揮発性が低いため安全な燃料です

また、燃焼中に臭いやススがほとんど出ないので、燃焼器具をクリーンに使用することができます。

パラフィンオイルの使い道は?

パラフィンオイルは主にキャンプ用のハリケーンランタンやオイルキャンドルの燃料に使用されます。

パラフィンオイルが作り出す炎の揺らめきはテントサイトの雰囲気をグッとおしゃれなものに変えてくれ、キャンパーに愛されています。

無機質なLEDの光にはない炎の揺らめきが、精神を安定させ、どこかほっとする素敵な夜を演出してくれます。

灯油とパラフィンオイルどちらがオイルランタンの燃料に適してい?

オイルランタンの燃料としては灯油とパラフィンオイルが使用されます。

アルコールランプ用のアルコールは爆発する危険性もあるため、絶対に使用しないでください。

灯油とパラフィンオイルでは、オイルランタンの燃料としてはどちらが適しているのでしようか?

それぞれの燃料の特徴をまとめると以下の通りとなります。

●灯油の特徴
・引火点は40度付近で揮発性
・煤が出やすい
・匂いが気になる
・揮発性のため炎の勢いが強い
・1L/100円以下と安価
・灯油ボトルで持ち運ばなければいけない

●パラフィンオイルの特徴
・引火点は95度以上
・煤が出にくい
・匂いが少ない
・不揮発性のため炎の勢いが弱い
・1L/1000円以上と高価
・製品によっては防虫効果がある
・購入した状態で持ち運べる

以上がそれぞれの燃料の特徴となります。

どちらがオイルランタンの燃料として適しているか様々な観点から比較してみましょう。

安全性

オイルランタンは持ち運んで使用する機会が多く、傾けることによる燃料漏れの危険性も高いため、安全性は重要なポイントとなります。

灯油とパラフィンオイルの特徴を比較すると、安全性においてはパラフィンオイルの方が優れています

その理由としては不揮発性で引火点が95度以上と高いため、万が一こぼしてしまっても引火する可能性が低い、密室で使用しても室内に充満することがないからです。

小さなお子様がいる家族連れでのキャンプなどには燃料としてパラフィンオイルを使用することをおすすめします。

明るさ

暗い空間を照らすためのランタンは明るさも重要な要素となります。

炎の明るさとしては灯油の方が優れています。

炎は引火点が低いほど強く燃える性質があるため、引火点の低い灯油の方が炎の勢いが強いからです。

明るさを重要視する方は燃料に灯油を使用することをおすすめします。

しかし、オイルランタンの魅力としては明るさよりも、炎の揺らぎを楽しむという点が大きいです。

そのため、優しくて雰囲気のある明かりを求める場合はパラフィンオイルをおすすめいたします。

使用時の便利さ

使用時の便利さにおいてはパラフィンオイルの方が優れています。

その理由としては灯油は煤が多く、石油系の匂いが強いからです。

燃料として灯油を使用するとランタン内に煤が溜まり、黒くなっていきます。

こびりついた煤は簡単には落とすことができないため、手入れの手間が発生します。

また、石油系の匂いが強いため、テント内などの密室で使用すると匂いが気になります。

石油系の匂いは長時間嗅ぎ続けると頭痛などの原因にもなります。

以上の理由から、使用時の便利さにおいてはパラフィンオイルが優れています。

防虫効果

パラフィンオイルの製品の中には防虫効果も併せ持つものも販売されています。

蚊の多い夏の時期のキャンプでは非常に魅力的な特徴です。

明かりとしてだけではなく、虫除けの効果も発揮するため一石二鳥の特徴を持っています。

虫が苦手で快適に過ごしたい方は防虫効果のあるパラフィンオイルをおすすめいたします。

持ち運び

灯油は引火点の低さから、専用の灯油ボトルで持ち運ぶ必要性があります。

パラフィンオイルは引火点が低いため、購入したままの状態で持ち運ぶことができるため携帯性も優れています。

わざわざ専用ボトルを購入する必要がないため、持ち運びの観点でもパラフィンオイルが優れていることがわかります。

ハリケーンランタン用パラフィンオイルは灯油と比べて高い?安い?

次に、灯油とパラフィンオイルの価格について比較いたします。

結論からの述べると、「パラフィンオイルは灯油と比べて高い」です。

灯油は1L/100円以下で購入することができ、パラフィンオイルは1L/1000円以上と高価です。

価格面を比較すると灯油の方が優れていることがわかります。

しかし、オイルランタンの燃費は大まかに10mlで2時間程度の使用が可能です。(使用するアイテムや条件によって変わります)

そのため、シーズンを通してオイルランタンを使用する時間を考えると、パラフィンオイルを使用してもそこまでお財布を圧迫しないと個人的には思います。

キャンプに行く頻度が高く、長時間使用する人は灯油をおすすめしますが、そのような方でない限りはパラフィンオイルを使用する方がメリットは大きいと考えます。

オイルランタン用パラフィンオイルはどこで売ってる?買うことができる?

アウトドアショップはもちろんのこと、ホームセンターでも購入することができます。

また、amazonなどのネットショップでも販売されています。

薬局で販売されているところは少ないようです。

製品によっては1L/1000円以下で購入することができる製品もあります。

筆者が最もおすすめするパラフィンオイルがこちらのスターパラフィンオイルです。

スターパラフィンオイルはamazonで購入すると25%割引で購入することができ、2Lで1341円と非常に安価です。(※2020年1月現在の情報です)

コストパフォーマンスもよく、パラフィンオイルのデメリットでもある価格面もカバーできています。

実際に、筆者もこのパラフィンオイルを使用しています。

2Lと大容量のため、コストを気にせずたっぷりと使用することができるのが大きな魅力です。

また、パラフィンオイルの中には虫除け効果のある商品も存在しています。


防虫効果のあるパラフィンオイルではムラエの天然ハーブアロマ防虫オイルがおすすめです。

ハーブのスーッとする香りが好評の製品です。

防虫オイルの中では嫌な匂いがする物もあるのですが、この製品は心地よい香りがするので使用していても不快感がありません。

オイルランタンでおしゃれなキャンプを楽しみましょう!

以上、今回は灯油とパラフィンオイルのそれぞれの特徴を比較し、様々な観点から比較いたしました。

どちらもメリット・デメリットがありますが個人的にはパラフィンオイルの使用をおすすめします。

オイルランタン特有の炎の揺らめきと、暖かな光。

あなたのテントサイトをより一層おしゃれに照らしてくれます。

一度オイルランタンを使用すればきっとその魅力に取り憑かれるでしょう。

ぜひ、キャンプで素敵な夜を楽しんでください!

合わせて読みたい!

私はオイルランタンが大好きで20年ほど愛用しています。その数もハリケーンランタン、カンブリアランタン(別名マイナーズランプ)など様々なタイプ合わせて30台近くになります。 今日はそんなオイルランタン大好きな私が、ハリケーンラ[…]

合わせて読みたい!

キャンプですっかりお馴染みとなったハリケーンランタン。でもキャンプ場に着いてから灯油を忘れたことに気付いたら? けっこうありがちなケースです。 そんな時、もし調理用に持ってきたサラダ油が灯油替わりに燃料として使えたら便利ですよ[…]