ソロキャンプにおすすめのクーラーボックス10選!ソロキャンプに適した容量は!?

キャンプに必要なアイテムはシュラフやクッカーなどさまざまありますが、クーラーボックスも忘れてはいけません。

簡単に食材の鮮度を保ったり、飲み物を冷やしたりでき、夏には特に重宝します。

ソロキャンプ用のモデルも多くあります。

1人でも手軽に持ち運ぶ事ができ、使いやすいです。

最近では機能性やデザイン性に優れているモデルも増えていて、バリエーション豊富です。

そこで今回はソロキャンプにおすすめのクーラーボックスと選び方を紹介していきます。

広告

ソロキャンプにおすすめのクーラーボックスの選び方

まずはソロキャンプにおすすめクーラーボックスの選び方を見ていきます。

容量

クーラーボックスには40Lや50Lなど大容量のモデルがありますが、ソロキャンプの際には15L~20Lのモデルがおすすめです。

複数人でするキャンプとは異なり、たくさんの食材や飲み物は必要なく、大容量のモデルでなかったとしても心配いらないです。

15L~20Lのモデルでも1人分の食材や飲み物はしっかりと入れる事ができます。

重量

クーラーボックスを選ぶ際に重量を確認する事も大事です。

重いモデルだとキャンプ場に持ち運ぶ時に大変で、体力を余計に使う事になります。中に食材や飲み物が入っている事も考えると、より重くなるため注意が必要です。

軽いモデルであれば手軽に持ち運びやすく、体力の消耗も比較的抑えられます。

保温力

保温力がどれ程あるかを見る事も忘れてはいけないです。

高い保温力があるモデルは食材や飲み物をしっかりと冷やす事ができ、どの時期のキャンプでも安心です。

その一方で保温力が低いと、キャンプ終盤まで持たずに食材や飲み物を冷やしきれない可能性があり、特に夏は危険です。

そのため選ぶ際には保温力が高い物がおすすめです。

素材

クーラーボックスの素材には発砲ウレタンや発砲スチロール、真空断熱パネルなどさまざあります。

それぞれの素材で保冷力や値段が違ってくるため、素材を確認する事も重要です。

ソロキャンプをする際には高い保温力がある発砲ウレタンと真空断熱パネルが良く、しっかりと冷やす事ができます。

ソロキャンプにおすすめのクーラーボックス10選!

次にソロキャンプにおすすめのクーラーボックスを紹介します。

①igloo(イグルー) プロファイル 16 #32285

世界的なブランドであるIGLOO社製のクーラーボックスです。

容量は15Lあり、一度に350mlの缶を24本入れる事ができます。

食材もたくさん入れられて、ソロキャンプには充分な程の量を持って行けます。

サイズは幅37cm×奥行28センチ×高さ36cmとコンパクトで、重量も2.6㎏と軽量です。

素材には分厚いポリウレタンが使用されていて、保温力も高い物があります。

食材も飲み物もしっかりと冷やす事が可能で、キャンプ場でも安心して食べたり飲んだりできます。

②ROCKBROS クーラーボックス

リュック型のクーラーボックスで、背負いながら持ち運ぶ事ができ便利です。

内生地には高密度断熱フォームを採用している上に気密の防水ジッパーもあり、高い保温力を持っています。

気温が30度の場所でも最長48時間冷やす事ができ、夏場も安心です。

外生地には840Dナイロンと420TPUを採用していて、耐久性や耐衝撃性、耐摩耗性などさまざまな機能性に優れています。

衝撃や摩擦に充分に耐えられる程に頑丈で、中に入っている物もしっかりと守れます。

③STANLEY クーラーボックス 15.1L 

本体の外側だけではなく蓋にも高密度ポリエチレンが採用してあり、抜群の保温力を持っています。

冷気を外に逃さなく、充分に冷やせます。

中には缶だけではなく、横向きにすれば2Lのペットボトルも入れる事ができ、おすすめです。

蓋にはゴムロープも付いていて、水筒やボトルを簡単に挟む事ができます。

取り外しも可能になっていて、クーラーボックスを椅子としても使えます。

造りは頑丈であるため大人が座ったとしても壊れる事は無く、ゆったりと休めます。

④CAPTAIN STAG クーラーボックス ジャングルクーラー

日本製のクーラーボックスで、高密度断熱材を使っていて高い保温力を持っています。

容量は20Lで、500mlのペットボトルであれば15本、350mlの缶であれば20本入れられます。

蓋は簡単に開ける事が可能で、食材や飲み物をスムーズに出し入れできます。

底の部分にはゴム脚が付いています。

どこに置いても滑りにくい上に底の部分は地面に着かないため、地面からの熱も伝わりにくくなっています。

付属品には肩パッド付ベルトがついているため、手軽に肩にかけて持ち運ぶ事ができ、便利です。

⑤ORCA Coolers 20 Quart クーラーボックス

ロートモールドと言う回転成形を採用していて、耐久性に優れています。

過酷な環境でも充分に耐える事ができ、キャンプ場でも安心して使えます。

デザインは黒色で統一してあり、正面にはシャチの尻尾が描かれていてかっこいいです。

排水栓が付いているため、中に溜まっている水を簡単に外に出す事ができます。

綺麗に洗いたい時にも役に立ち、スムーズに作業を進められます。外側にはメッシュポケットもあり、栓抜きや小さいタオルなどを入れられます。

必要な時にすぐに取り出す事もでき、便利です。

⑥CAPTAIN STAG スーパーコールド クーラーバッグ

中には補強板が付いていて、サブテーブルとしても使用可能なクーラーボックスです。

お皿や小物を置く事ができ、便利です。

蓋にはドリンクの置き場が2ヵ所作られている所もポイントです。

窪みもあるため、倒れにくく安心です。

サイドにはショルダーベルトが付いていて、肩にかけて持ち運べます。

使用しない時にはコンパクトに折り畳む事もできます。どこでも簡単にしまいやすく、スペースもほとんど取らないです。

⑦サーモス ソフトクーラー 20L REQ-020

5層断熱構造を採用しており、長時間高い保温力を維持できます。

特に暑い日でも影響を受けにくく、中に入っている食材や飲み物をしっかりと冷やせます。

2Lのペットボトルを6本収納できる程の大きさもあり、一度にたくさんの物を収納しやすくおすすめです。

生地には汚れをふき取りやすい素材を使用している所もポイント。

もし食べ物や飲み物をこぼしたとしても綺麗にふき取る事ができ、安心です。

前面にはポケットも付いています。小物を収納したい時に便利で、気軽に使いやすいです。

⑧Livewell クーラーボックス 小型 ハミングバード

板状の発泡剤ではなく、クーラーボックスに合わせた成型発泡材を使用していて冷気が逃げる隙間を無くしています。

冷蔵庫のような段差構造を採用している所もポイントで、抜群の保温力を発揮しています。

耐久性や耐衝撃性にも優れていて、造りは頑丈です。

多少の衝撃にはびくともせず、どこでも安心して使いやすいです。

中には袋かけフックも付いています。

臭い移りや汁漏れが心配な食材を入れる時に役に立ち、安全に持ち運ぶ事ができます。

⑨DAIWA ソフトクーラーボックス(保冷バッグ) ソフトクール

20mmの厚底断熱材と冷気漏れを防ぐZタブを採用しています。

外からの熱の侵入をカットできる上に中の冷気も逃しにくく、しっかりと食材や飲み物を冷やせます。

容量も15Lとソロキャンプをする時には丁度良いです。

取り外し可能なPVCインナーがある所もポイントで、そのまま氷や食材を入れられて便利です。

丸洗いも可能で、汚れてもすぐに綺麗にできます。

ハンドルカバーやショルダーベルトも付いていて、簡単に持ち運びやすいです。

⑩Bescoo クーラーボックス 折りたたみ 

5層断熱構造を採用していて、長時間冷たい状態をキープできます。

蓋の内側には保冷剤を入れられるメッシュポケットも付いていて、保温力をアップさせられます。クーラーボックス本体は頑丈に作られていて型崩れしにくいです。

安心して食材や飲み物を入れる事ができ、おすすめです。

外生地にはオックスフォード布が採用されています。

もし汚れたとしても濡れたタオルで拭けばすぐに綺麗にでき、清潔な状態を保てます。

前面にはフロントポケット、サイドにはメッシュポケットも付いていて、小物を入れる事ができ便利です。

自身にぴったりのクーラーボックスで快適なソロキャンプ を楽しみましょう!

いかがでしたでしょうか。

クーラーボックスがあれば、キャンプ場でも食材と飲み物をしっかりと冷やす事ができます。気温が高い夏の日のキャンプでも安心です。

中には椅子として座る事ができるモデルやサブテーブルで使用できるモデルもあり、おすすめです。

選び方やおすすめのモデルを参考して、是非自分のスタイルに合っているクーラーボックスを探して使ってみて下さい。

合わせて読みたい!

今回はソロキャンプで大きな人気を集めている「鉄板」について、おすすめのモデルやその特徴、選び方を解説いたします。 「ソロキャンプ用の鉄板が欲しいけどどれを選んだら良いかわからない」 そんな方は今回の記事を参考に、自身にぴったり[…]