キャンプの雨対策を解説!雨天時でも快適に過ごせる便利グッズも紹介!

せっかくのキャンプの予定が、雨予報。テンションが下がってしまいますよね。

予定の変更が可能でキャンプを延期できれば良いのですが、中には前々から決めていた予定でこの日以外への変更はできない…という人もいるのではないでしょうか。

確かに、晴天時のキャンプと比較すると、雨天時のキャンプでは大変なことがたくさんありますが、事前準備や持ち物、過ごし方の工夫次第で、雨でもキャンプを楽しむことが可能です。

せっかくのキャンプ、雨でも思いっきり楽しみましょう。

今回は、キャンプの雨対策について、いろいろな角度からご紹介していきます。

雨キャンプには工夫が必要

雨でもキャンプを楽しもう!と決めたのはいいけど、実際には大変なこともたくさんあります。

タープやテントなどの設営も雨天の中で行わなければなりませんし、地面もぬかるみます。

夏場であっても、雨の降る外は思った以上に冷え込むことがあるので、寒さ対策も必須です。

そんな大変な雨キャンプを少しでも快適に過ごすための工夫をみていきましょう。

キャンプ場、サイト選定

雨のキャンプの成功を左右すると言っても過言ではないのが、キャンプ場やサイトの選定方法です。

キャンプ初心者でタープやテントの設営に不慣れな場合は、コテージやバンガローでのキャンプをおすすめします。タープやテントの設営は慣れていても人手や時間が必要ですので、まだ経験が少ないという人は、思い切ってコテージやバンガローを手配するもの手。軒下で、雨のことを忘れて思いっきり楽しむことができます。

ある程度経験のあるキャンパーさんは、雨の日でも外にタープやテントを設営してみましょう。

その際は、水はけの良いサイトを選ぶようにしましょう。

土のサイトは水はけが悪くぬかるみやすいです。キャンプグッズや自分たちの体がドロドロに…なんてことにもなりかねませんので、砂利のサイトや芝生のサイトを選定することをおすすめします。

万が一土のサイトのみしかない場合は、できる限り水たまりのない、平らな地を選びましょう、低地は雨が溜まりやすいので避けた方が無難です。

林間サイトなど、木が多い場所もおすすめです。木々が雨を遮ってくれます。

タープとテントの設営方法

サイト決定後は、外に出る前にテントやタープの設営方法についてシミュレーションを行いましょう。

設営の順序としては、タープ→テントの順がおすすめです。

タープを建ててレジャーシートを敷いておけば、荷物を濡れないように保管できます。その後にテントを建てる際にもタープを屋根変わりとして使うことができ、雨に濡れる時間を短くすることができます。

タープの建て方でおすすめしたいのが、普段よりも急な傾斜を作り、雨が流れやすくしておくことです。ポールの一か所を低めにすることで、タープに傾斜ができます。雨が溜まらないように工夫してみましょう。

また、タープの固定方法にも一工夫が必要です。雨で地盤が緩んでいる場合はペグが抜けやすく、風が吹いた際にタープが飛ばされてしまっては大変です。ペグ+大きくて重い石の両方で固定しておくと安心です。

タープが建てられたら、次はテント。

テントを張る際には、はじめにテントと地面の間にグランドシートを敷いておきましょう。そうすることで、浸水や水濡れを防ぐことができます。

雨キャンプの前に自宅でできる準備

雨のキャンプに備えて、自宅でもある程度下準備をしておくことが可能です。

荷物はいつも以上に最小限に

キャンプではできる限り荷物をコンパクトにしたいですよね。雨の場合はなおさらです。

車→野外へ持ち運ぶ荷物が増えるほど、雨に当たる時間は増えてしまいます。片付けなども大変になりますので、荷物を最小限にするように意識しましょう。

ウェザーニュースで雨雲レーダーをチェック

雨予報のキャンプでは、ウェザーニュースのアプリをダウンロードしておくことをおすすめします。

地域ごとの詳しい雨雲レーダーを確認することができるため、特に雨量が多い時間帯を避けて設営や片付けを行うように予定することをおすすめします。

また、あまりにも酷い雨や雷の場合、残念ながらキャンプの続行を断念しなければならない場面も出てきます。身の安全が第一ですので、雨のキャンプ中はこまめにウェザーニュースを確認することを忘れないようにしましょう。

意外と忘れがち寒さ対策

雨のキャンプでは意外にも冷え込むということを覚えておきましょう。

夏場であっても、雨の外気は冷え込みます。防寒グッズを忘れてしまっては風邪を引いてしまいますので、雨具だけでなく温かい衣類やホッカイロなど、用意しておくと安心です。

ご飯の下準備は自宅で

雨だと意外と大変なのが、ご飯の準備や片付けです。炊事場とタープの往復も、一苦労ですよね。

ですが、自宅である程度の下準備をしていくことでこれらの負担を軽減することができます。

・あらかじめメニューを決めておく

・野菜など切れるものは切っておく

・食器類は洗う必要が無いように紙製のものを準備する

・お水は多めに持参する

是非取り入れてみてください。

雨キャンプを少しでも快適に!便利グッズ

ここからは、雨のキャンプを少しでも快適にするためにあると便利なグッズをご紹介します。

備えあれば憂いなし。是非、準備しておきましょう。

大き目のゴミ袋、ビニール袋

雨のキャンプでは、とにかく物が濡れ、汚れます。

キャンプ後にキャンプ場で綺麗に洗い流して車に搬入できるのがベストなのですが、なかなか難しいです。

そこでおすすめしたいのが、何でもとにかく袋に入れてそのまま自宅まで持ち帰ること!

筆者は過去に雨キャンプの際、大容量のビニール袋を大量に持参しましたが、とっても便利でストレスフリーでした。現地ではとりあえず袋に入れるだけ。自宅に帰って天気の良い日にグッズをしっかりと洗い乾かすときれいになります。車が汚れないことも嬉しいポイントです。

長靴

雨のキャンプに、長靴は必須アイテムです。

特にロング丈の丈夫な長靴をおすすめします。

・MITSUUMA ミツウマ ベールノース パッカブルレインブーツ

素材:PVC

仕様:男女兼用

サイズ:23cm~27cm

参考価格:2134円

ロング丈で男女兼用なので、雨の中でも家族やカップルでお揃いコーデを楽しめちゃいます。

・STAR TRADING 防水シューズ

素材:PVC

サイズ:23cm~28cm

参考価格:2526円

ダークで汚れ目が目立ちにくい色味と、おしゃれなデザインがポイントです。

スタイリッシュな長靴なので、雨でもおしゃれに決まります。

レインウェア

長靴と同様、レインウェアも雨キャンプには欠かせません。

そのなかでも、できるだけ機能性に優れた快適なレインウェアを選ぶと良いでしょう。

ディスカウントストアなどでお得に購入できるビニール製のレインウェアも多数ありますが、生地が薄く雨キャンプにはおすすめできません。

雨キャンプに利用するレインウェアには、

・防水透湿素材のもの
・上下セパレートのもの
・軽量でコンパクトに収納できるもの
・耐水圧の高いもの

がおすすめです。

防水透湿素材とは、水ははじき、汗などの湿気は通す素材のことです。

代表的なものに、ゴアテックスがあります。

キャンプで雨に打たれると体はどんどん冷え、体温が奪われていきます。風邪を引かないためにも、冷えを感じず快適にキャンプを楽しむためにも、防水透湿素材のレインウェアを選ぶことをおすすめします。ビニール性のレインウェアと比較するとお値段は高めですが、非常に温かいです。丈夫なので1つあれば長く使えます。

また、上下セパレートのものをおすすめする理由は、足元からの浸水を防ぐためです。

ポンチョ型や長い形のもだと、どうしても足元が濡れがちになり、冷えの原因にもなります。

耐水圧は、レインウェアに「対水圧~mm」という記載があるかと思います。

数字が大きければ大きいほど、レインウェア内への浸水をより防げます。

レインウェアを購入する際には、耐水圧も気にしてチェックするようにしましょう。

・THE NORTH FACE コートマウンテンレインテックスコート

素材:ナイロン GOREーTEX

サイズ:S、L

参考価格:23100円

さすが、ノースフェイス。デザイン性が高いです。ゴアテックス素材なので、耐水透湿はばっちりです。

・HERLLY HANSEN ジャケットヘリ―レインスーツ ユニセックス

素材:ナイロン100%

サイズ:メンズS、M、L ウィメンズM、L

参考価格:9000円

こちらはユニセックスのレインウェアです。

ゴアテックスではありませんが、その分少しお値打ち価格となっています。

ガスコンロ

雨キャンプでは、調理などタープの中で行うことになりますよね。この場合、焚き火台を使うことができないため、ガスコンロは必需品となります。

雨キャンプでも、どうしてもバーベキューがしたい!という人には、ガス式バーベキューコンロをおすすめします。

・卓上用ガスバーベキューコンロ ジュージューボーイ

サイズ:幅39.8×奥行22.1×高さ13cm

重量:2.2kg

素材:本体=SPCC(冷間圧延鋼板)、焼き網=SS(鉄) ※メッキ付

最大発熱量:2.3kW(2,000kcal/h)

ガス消費量:約165g/h

連続燃焼時間:約90分 ※「マイボンベL」使用時

容器着脱方式:マグネット式

参考価格:4185円

カセットコンロで使用できるBBQコンロです。

焚き火台でのバーベキューさながらに本格的なバーベキューが楽しめます。

耐火タープ

雨キャンプでも、やっぱり焚き火を楽しみたいという人におすすめしたいのが、耐火タープです。

耐火タープを使えば、タープの中でも安心して焚き火を楽しむことができます。

耐火タープの多くはコットン素材でできており、火の粉が飛んでもタープに穴があきにくく、丈夫です。

・Soomloomヘキサタープ

素材:コットン35%、ポリエステル65%

サイズ:420cmx410cm

耐火性:焚火等の火の粉による穴が開きにくい素材。

持ち運び便利:収納時サイズ36x16cm

参考価格:8990円

グロメットとロープを結ぶループが全12ヶ所が付いていて、色んなバリュエーションがアレンジできます。

防水スプレー

雨のキャンプに必ず持って行くべきなのが、防水スプレーです。

テントやタープ、レインシューズ、レインウェアなどにこまめにスプレーすることで、浸水をできる限り防ぐことができます。

おすすめの使い方は、購入したてのものにスプレーすることです。あらかじめ防水加工や撥水加工がされているものは別ですが、購入したてのものにスプレーすることでより防水効果が期待できるだけでなく、汚れもつきにくくなります。

テントやタープであれば、元々防水加工や撥水加工がされていますので、それらが落ちてきたときが防水スプレーの出番です。

雨キャンプには、必ず持っていきましょう。

足ふきマット

雨キャンプでは、足ふきマットもあると便利です。テントへ入る時に使用し、テント内が汚れないようにしましょう、レインブーツやレインシューズを履いていても、豪雨などの場合足が濡れてしまっていることがあります。

着替えやタオル類は多めに

雨キャンプにおいて、着替えやタオル類は思っている以上に多めに持って行って間違いはないでしょう。濡れたり汚れたりしている服を着用したままいると風邪を引いてしまいますので、濡れたら着替えるということを意識しましょう。

雨キャンプのおすすめな過ごし方

雨だけれど、せっかくのキャンプ。楽しみたいですよね。

雨キャンプではどうしてもデメリットが注目されがちですが、雨ならではの楽しみ方もあります。

美味しいコーヒーでほっと一息 雨の音を楽しむ

タープやテントに雨が当たる音は、意外と心地良いです。

コーヒーなどの温かい飲み物を淹れて、雨の音を聞きながらほっと一息、自然に囲まれて普段の疲れを癒す時間を過ごすのはおすすめです。

冷えた体に、温かい飲み物がしみ渡ります。

映画鑑賞

晴れた日のキャンプでは、焚き火や花火などを楽しむ人も多いのではないでしょうか。

残念ながら、雨のキャンプではそれらができなくなります。その代わりに、普段とは少し違ったアウトドア時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか?

少しテクニックと設備が必要ですが、スクリーンに映画を移したり、大き目のタブレットなどで映画を見るのは、筆者が密かにはまっているキャンプの楽しみ方です。

温泉施設

雨の中でのタープやテントの設営、食事の準備、色々とお疲れ様でした。

きっと普段のキャンプより一層疲れていると思います。体も冷えていることでしょう。

雨キャンプのおすすめの過ごし方は、近くの温泉施設でゆっくり温まって疲れを癒すことです。

可能であれば、事前にキャンプ場の近くの温泉施設なのをリサーチしておくと良いですね。

まとめ

今回は、雨でもキャンプを快適に、そして楽しく過ごすための方法をいくつかご紹介しました。

せっかくのキャンプ、思う存分楽しみたいものですよね。

参考にしてみてください。