アルコールストーブで焼肉はできる?実際に検証してみました!アルコールストーブにおすすめアイテムも紹介!

今回はアルコールストーブで焼肉に挑戦した様子を紹介いたします。

アルコールストーブは主にメスティンでの炊飯に使用されます。

しかし、「アルコールストーブの火力があれば焼肉や様々な料理に使用できるのでは?」と考える方も多いはずです。

そこで今回はアルコールストーブで焼肉はできるかの検証や、アルコールストーブの使用におすすめの商品も紹介いたします。

アルコールストーブで焼肉はできるのか検証!

それでは早速、アルコールストーブで焼肉はできるのか検証していきたいと思います。

アルコールストーブで焼肉をするために用意するもの

☆用意するもの☆・アルコールストーブ
・鉄板
・ストーブ台
・お肉
・燃料用アルコール
調味料(塩、胡椒、アウトドアスパイス等)
・油
・燃料用アルコール

アルコールストーブで焼肉をするために必要なのは以上の通りです。

検証開始!

アルコールストーブに火をつけ、鉄板を置きます。

今回はソロでコンパクトに焼肉が楽しめるように、キャンドゥの100円ミニ鉄板を使用しました。

火力が安定してきたら肉を乗せて焼けるのを待ちます。

アルコールストーブは着火してから数分は火力が安定しないので、しっかりと暖まって安定するまで待ちましょう。

焚き火調理のように高温でジューッ!とまではいかないもの、しっかりとお肉に火を通すことができています。

のんびりと一切れづつ肉が焼けるのを楽しむのが、ソロキャンプの楽しみの一つなのかもしれませんね。

仕上げにマキシマムスパイスをかけて、焼肉の完成。

マキシマムスパイスをかければ、どんなお肉も一瞬で美味しくなるので、非常におすすめです。

ビールをお供に焼肉を堪能し、ゆっくりとした時間を楽しみます。

噛み締めるごとに肉の旨味が溢れ出し、スパイスとの相性もバッチリです。

中までしっかりと火も通っています。

以上の検証からアルコールストーブの火力でも十分に焼肉を楽しめることがわかりました!

バーナーやコンロと比較すると火力は弱くなってしまいますが、しっかりと肉に火を通すことができます。

このように。アルコールストーブを使用すればご家庭の庭でも手軽にキャンプ気分を味わいながら焼肉を楽しめることがわかりました。

アルコールストーブには火力調整蓋がついていますが、焼肉はなるべく高火力の方が良いので、蓋を外して使用することをおすすめいたします。

ミニ鉄板よりも大きくて厚い鉄板でも問題なく焼肉をすることができました!

アルコールストーブにおすすめのアイテム

次にアルコールストーブにおすすめのアイテムを紹介いたします。

アルコールストーブと共に使用すると非常に便利なアイテムを厳選したので、アルコールストーブを使用している方は是非参考にしてください。

marupei net :DELTA STOVE

Marupei net(https://marupei.net/products/deltastove/)が販売する、薄型でコンパクトな組み立て式のストーブです。

アルコールストーブや固形燃料がちょうどよく入るサイズで、メスティンを乗せる五徳や風防として使用します。

付属のケースに入れると、レギュラーサイズのメスティンにぴったりと収納することができます。

固形燃料やアルコールストーブで調理する際の台としておすすめです。

8A GARAGE(ヤエイガレージ):スリップメスティン

メスティンに焦げ付きを抑える”特殊スリップ加工”を施し、感動するほど焦げ付きにくいと人気なのが8A GARAGE(ヤエイガレージ)の「スリップメスティン」です。

高い撥水撥油製で、食材のこびり付きを防ぎ、おこげも綺麗に剥がれる程です。

焦げ付きにくいから料理がしやすいだけでなく、後片付けも非常に簡単です。

耐熱温度はテフロン加工よりも高い300℃で、ダークグレーの自然なカラーでメスティン本来の風合いを損ないません

レギュラー、ラージ、スモールと3種類のサイズを展開しており、それぞれスタッキングすることができるので、使い勝手もバツグンです。

人気で品薄の商品となっていますので、購入を希望の方は公式オンラインショップをお気に入り登録しておくことをおすすめいたします。

8A GARAGE(ヤエイガレージ)公式オンラインショップは以下のリンクからご覧ください↓↓↓

8A GARAGE公式オンラインショップ:https://8agarage.base.shop/

ウインドウスクリーン

屋外でアルコールストーブを使用する際はウインドスクリーンの使用をおすすめいたします。

風が強いと火が煽られ、安定した火力で調理することが出来ないため、美味しく料理を作ることが難しくなります。

こちらはノーブランドのウインドスクリーンですが、格安でメスティンの中に収納することが出来るサイズとなっています。

/moose/room/works:フライアン

鉄板の厚さは3.2mm、外径は160×160mmで、焼き面の大きさは120×120mmとなっており、アルコールストーブで使用するのにちょうど良いサイズの鉄板です。

油がこぼれないように四方に角度がついているため、使い勝手も良いのも魅力です。

最大の特徴は取っ手を自分で作成するという点です。

木の枝を自分で削って取っ手にすることで、お好みの角度や太さ、長さの取っ手を作ることができます。

デザイン製の高さや、クラフトの楽しみも味わうことができるソロキャンプにおすすめの鉄板です。

実際にフライアンを使用したレビュー記事は下記をご覧ください↓↓↓

合わせて読みたい!

今回はソロキャンプや焚き火台におすすめの鉄板/moose/room worksのFrying iron(フライアン) 3.2tを実際に使用した感想をレビューいたします。 「Frying iron(フライアン)を実際に使用した感想は?[…]

キャンドゥ:ミニ鉄板

100円でアウトドア用鉄板を楽しめるということで大人気なのがキャンドゥのミニ鉄板です。

ミニ鉄板の大きさは縦8.4×横13.2cm、厚さは1.5mmで非常に小型の鉄板となっています。

写真のようにメスティンの中に余裕を持って入れることが出来ます。

非常に小型なので使い勝手はあまり良くありませんが、鉄板の魅力を十分に楽しむことのできるアイテムです。

キャンドゥのミニ鉄板を使用したレビューは下記の記事をご覧ください↓↓↓

合わせて読みたい!

今回は、100円均一のキャンドゥから発売されて話題になっているミニ鉄板を入手したので、実際に使用した様子や感想を紹介したいと思います。 あわせて、現在の在庫状況やどのように入手することができるのかを紹介いたします。 キャンドゥ[…]

アルコールストーブでも焼肉は可能!便利アイテムを使用して快適に焼肉を楽しみましょう!

以上、今回はアルコールストーブでも焼肉は可能か実際に検証してみました!

結果として、「アルコールストーブを使用して焼肉は問題なく行うことができました。

アルコールストーブ用の台や、ソロキャンプ用の鉄板を使用すると気軽に焼肉を楽しむことができます。

皆様もソロキャンプでご飯を炊いたあとはアルコールストーブで焼肉を堪能して楽しんでみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい!

今回は家庭にあるものだけで、アルコールストーブの自作に挑戦いたしました! 「アルコールストーブの自作に興味があるけど、やり方がわからない…」 「なるべく簡単にアルコールストーブを自作したい」 そんな方は是非今回の記事を参[…]

合わせて読みたい!

今回はTrangia製のTR-B25を用いて、アルコールストーブの火力調整の方法や使い方を詳しく解説いたします。 アルコールストーブを購入したけど、火力調整のやり方と使い方がわからない… そんな方は是非、今回の記事を参考にして[…]

合わせて読みたい!

今回はメスティンにスタッキングできるおすすめアイテム13選を紹介いたします。 メスティンは非常に便利なクッカーですが、スタッキングを上手に活用することで、さらに便利に使用することが出来ます。 また、キャンプや登山などで、少しで[…]