SOTO レギュレーターストーブFUSION(フュージョン)ST-330使用レビュー!風にも寒さにも強い屋外用ストーブ!

キャンプには欠かせない料理。

そんな料理に使うギアについて、皆さんは何をお使いでしょうか?

数あるギアの中から今回はSOTOが発売している「レギュレーターストーブFUSION(フュージョン)ST-330」を紹介します。

火器ギアは数あれど、レギュレーターストーブFUSION(フュージョン)ST-330の優れた点からイマイチな点まで、分かりやすく解説します!

購入を考えている方は是非今回の記事を参考にしてください!

SOTO レギュレーターストーブFUSION(フュージョン)ST-330は他のストーブと比較して何が優れているの?

まずは、他のストーブと比較してレギュレーターストーブFUSION(フュージョン)ST-330のどういった点が優れているのか解説します。

①マイクロレギュレーター搭載で寒さに強い!

出典:SOTO

マイクロレギュレーターとは「外気温の低下や連続使用によるボンベ内の圧力変化があっても、圧力変化に応じて弁を開閉するため、火力が落ちにくく、常に安定したガス量をバーナーヘッドへ供給することができる機構」です。

一般的なガスバーナーはこの機能が搭載されておらず、外気温が10℃以下になると、うまく着火できなかったり、着火できても火が安定しないなどの現象が起こります。

一方レギュレーターストーブFUSION(フュージョン)ST-330のようにマイクロレギュレーターを搭載していれば、外気温25℃~5℃の状況下でも使用でき、安定した火力を保つことができます。

また、見落とされがちですが、逆に高温になりすぎないよう炎のリフティングを抑える働きをしてくれることも、このマイクロレギュレーターの働きによるもです。

②すり鉢状のバーナーヘッドで風にも強い!

バーナーヘッドがすり鉢状になっていることで、風が直接炎にあたるのを防いでくれます。

また、約300個の吹き出し口から吹き出す炎も、火足を短くすることで、より風の影響を受けにくくしているという優れモノ。

③バーナーヘッドとガス缶が分離型!

これまでのガスバーナーは燃料となるガス缶と一体型になる構造が主流でした。

持ち運び時のコンパクトさを追及するとどうしてもそのような形に行きつくのでしょうか。

その場合、点火スイッチが押しづらかったり、ガス缶とバーナーが近いことによって輻射熱が心配だったり、、、

その点、レギュレーターストーブFUSION(フュージョン)ST-330は分離型で、約20cmのホースで距離が保てるため、輻射熱も安心ですし、点火スイッチもガス缶側にあるので非常に押しやすいです。

SOTO レギュレーターストーブFUSION(フュージョン)ST-330のスペック

気になるレギュレーターストーブFUSION(フュージョン)ST-330のスペックは下記の通りです。

●外形寸法

 幅350×奥行120×高さ90mm(使用時・本体のみ)      

 幅150×奥行75×高さ90mm(収納時)

●ゴトク径

 165mm

●重量

 250g

●発熱量

 2.6kW(2,200kcal/h)※1

●使用時間

 約1.5時間(ST-760 1本使用時)※2

●使用容器

 新富士バーナー、SOTO製品専用容器(ボンベ)

●点火方式

 圧電着火方式

※1 気温25℃無風状態で点火後から5分間の燃焼データより算出。

※2 気温25℃無風状態で点火後から30分間の燃焼データより算出。

屋外使用専用です。

(引用:SOTOメーカーHP)

SOTO レギュレーターストーブFUSION(フュージョン)ST-330を実際に使用して感じたメリット

それではSOTO レギュレーターストーブFUSION(フュージョン)ST-330を実際に使用した様子や感じたメリットを紹介いたします!

①軽くてコンパクト!

上の写真はiphone12と比較したものです。

レギュレーターストーブFUSION(フュージョン)ST-33は折りたたんでコンパクトに収納でき、驚くべきはその重量はなんと250gです。

持ち運びに便利で、どんなアウトドアシーンでも邪魔になりません。 

②大型ゴトクで調理器具をしっかりキャッチ!

4本の大型ゴトクが大きめの調理器具でもしっかり安定してキャッチします。

また、重心が低いため、重量のある器具もふらつくことなく支えることができます。

そのため、メスティンのような軽量な器具から、ダッチオーブンのような重量器具まで、器具を選ぶことなく使用できます。

③CB缶の仕様でコスパよし!

レギュレーターストーブFUSION(フュージョン)ST-33に使用するガス缶はCB缶です。

ガス缶は他にOD缶(アウトドア缶)がありますが、価格が高めで購入場所も意外と少ないです。

その点、CB缶であれば比較的どこにでも売っており、低価格なので、ランニングコストが抑えられます。

注意点として、推奨CB缶は同じSOTOが販売している『パワーガスST-760』もしくは『レギュラーガスST-700』となりますので、100均やホームセンターで売っているCB缶を使用して機器が故障した場合は保障の対象外となってしまうのでご注意を!

SOTO レギュレーターストーブFUSION(フュージョン)ST-330を実際に使用して感じたデメリット

優れた点やメリットだらけのレギュレーターストーブFUSION(フュージョン)ST-33ですが、少なからずデメリットも存在します。ここではデメリットとそれを補う改善策をお伝えします。

①ゴトクが鉄むき出しで熱い!

メリットとしてあげた大きなゴトクですが、素材が鉄であるため熱伝導がめちゃくちゃいいんです。

そのためちょっと位置を変えたいなぁなんてゴトクを触っちゃうと火傷する危険性が!

また、ゴトクを置く場所も耐熱性のある台でないと溶けたり変形してしまう可能性がある点に注意してください。

改善策としてはSOTOが販売しているアシストグリップ(ST-3105)や市販の耐熱チューブを加工して取り付けること。

そうすることで、耐熱性もアップしますし、滑り止めにもなります!

小さい器具が乗らない⁉

これまたメリットである大きなゴトク。

その大きさの犠牲として、ゴトクがカバーできる最小径が意外と大きく、マグカップなどの小さなものはゴトクに乗り切れません。

こちらの改善策はゴトクの最小径をカバーできる網などを乗せることです。

簡単に解消することのできるデメリットですが、気になったため紹介しておきました。

SOTO レギュレーターストーブFUSION(フュージョン)ST-330はこんな人におすすめ!

魅力あふれるレギュレーターストーブFUSION(フュージョン)ST-33ですが、ズバリこんな人に是非おすすめです!

・とにかくコンパクトなギアがいい!

 …折りたたむと幅150×奥行75×高さ90mmまで小さくなるレギュレーターストーブFUSION(フュージョン)ST-33。なにかとかさばるキャンプなので、少しでもコンパクトなギアは重宝 します!

・ギアは安全第一!

 …分離型で点火スイッチも缶側にあり、火の調整もつまみを回すだけの安全設計。慣れてし まえばどんな人でも安全に使用できます。

・使用できる器具は幅広く!

 …(対策をすれば)マグカップからダッチオーブンまで、あなたの「したい」に応えます。

  調理器具によってギアを替えるのって意外と面倒ですよね。

・冬でも安心して調理したい!

 …マイクロレギュレーターで冬でも安定した火力を確保。着火できずイライラすることもあ  りません。

・ランニングコストを抑えたい!

 …燃料は入手しやすく価格の安いCB缶。料理好きだってヘビーキャンパーだって安心です。

SOTO レギュレーターストーブFUSION(フュージョン)ST-330にぴったりのアイテムも紹介

言うことなしのレギュレーターストーブFUSION(フュージョン)ST-33ですが、その魅力をさらにアップさせる素敵な商品を紹介します。

ケース

出典:amazon

レギュレーターストーブFUSION(フュージョン)ST-330にはケースが付属していませんので、自分の好きなケースを使用できます。

公式ではレギュレーターストーブ用マルチケース(ST−3103)も案内されていますが、ネットでは100均のケースや、メスティンを使用している人もいて、自分流にアレンジして使われ ていました。

遮熱板

出典:amazon

テーブルへの輻射熱を抑えてくれるレギュレーターストーブFUSION(フュージョン)ST-330とピッタリの遮熱版も販売されています。

4本のゴトクがすっぽり入るミラクルフィット!先ほどのゴトク足の耐熱チューブと併せ、遮熱板も使えば一層安心です。

まとめ

いかがでしたか?

その見た目・デザインだけでなく、機能性も抜群のレギュレーターストー ブFUSION(フュージョン)ST-330。

一年を通して使用でき、調理器具も選ばないことから、まさしくベストバイな一品。

この最高なギアを持ち出して、最高なアウトドアライフをお楽しみください!