【入手困難!】サバティカルモーニンググローリーTC人気の理由は・・・!?その大きさや、4人家族での使用は快適なのか!?

A&Fカントリーにて販売されている「SABBATICAL( サバティカル )MORNING GLORY TC 」
大人気ゆえに常に完売、そして入手方法は抽選販売となっているこちらのテントについて、なぜこれほど人気なのか実際にキャンプ場で使用した感想をレポートします!

出典:SABBATICAL

とにかく見た目が映える!

サンドベージュのTC素材(混紡素材)なので、カラーも質感もこだわりが感じられこれがあるだけでおしゃれなサイトに!そして前面のメッシュパネルを開放するとなんとも涼しげなテントに早変わりします。
大きさも2~4人用なのでカップルからファミリーまで使いやすい、コンパクトなサイズ感です。

シェルターテントとワンポールテント両方の要素をもついいとこ取りなので、シェルターテントは便利だけど設営が大変・・・ワンポールテントは設営が楽だけどデッドストックが多く狭い・・・という悩みを解決してくれます。

別売りですがインナーテントをつければこれ1幕だけもっていけばOK!

MORNING GLORY TCの基本情報

出典:SABBATICAL

■テント本体■

価 格:43,780 円(税込)
サイズ:W470×D440×H270cm(収納サイズW77×D36×H23cm)
総重量:14.35kg(本体重量9.2kg、ポール重量3.7kg、ペグ重量1.45kg)
素 材:撥水加工TC素材(コットン/ポリエステル混紡素材)
ポール素材:スチール
出典:SABBATICAL

■オプションのインナーテント■

価 格:12,980 円(税込)
サイズ:W395×D220×H220cm
総重量:2.55kg
素 材:ポリエステル
付属品:本体、ピンペグ×3、ペグケース

たくさん種類のあるテントの中では15kg近くあるためかなり重量級・・・!!
荷上げ下ろしの際にはやや苦労しますが、おしゃれに苦労はつきものなのです・・・!

入手方法は!?

現在かなりの人気モデルのテントのため、販売は「A&F COUNTLRY」公式オンラインショップのみかつ抽選となっています。次回抽選スケジュールなどは、逐一、A&F COUNTLRYのニュースをcheckしましょう!
今後少しずつ中古品なども出てくるかもしれませんね。(2021.7月現在)

まずは張ってみます!

ある程度広さが必要なテントなので、サイトの広さも事前にチェックしておくと◎です。

こちらの”ロゴ&三角のメッシュ部分”が前面になります。

参考:SABBATICAL

設営場所を決めてまずはビルディングテープの端4箇所ペグダウン。
またここで必ずテント上部(△になる部分)ベンチレーションのスタンディングバーを立ち上げておきましょう!(設営後だと手が届きません・・・!!)

付属のペグ。しっかりと太目です
一番上が鍛造ペグ30cm、中央が鍛造ペグ20cm、下が付属ペグ

ペグについては、付属のペグも太目ではあるのですが強風時などは少し心許ないので頑丈な30cm程度の長さのペグだと安心です。

そしてメインポールとフロント左右のポールを立てガイロープでテンションをかけ設営完了。
インナーテントも取り付けた状態がこちら☝

ワンポールだと多くなりがちなデッドスペースですが、フロント面左右にも2本のポールを立てることで出入りのしやすさと空間が広く使えるようになります。


またインナーテントがあっても、2人で使用する場合には前室でくつろぐスペースには充分スペースがあります。
もちろんインナーをつけずにシェルターとして使用することもでき、広々として仲間4~5人でグループキャンプする際にも”ちょうどいい”大きさです。

風通しの良さが気持ちいい!

サバティカルモーニンググローリーTCの特徴のひとつとして、前面だけではなく後ろや左右のパネルも開くことができるのでテントサイトの作り方を工夫したり、設営ごとに変えたりできるので飽きないうえに汎用性が高いです。

こちらはインナーテントをつけない状態で後ろ側をハーフオープン。
フルオープンするとこんなに涼しげ!
サイドオープンをした様子。(出典:SABBATICAL

前面以外のパネルも上げておけば、暑い夏も涼しく快適に過ごせそうですね。広めの庭があれば自宅でBBQパーティなど、タープとしての使い方もできあらゆるシチュエーションでも役立ちそうです!

細かな仕様が使いやすい

空間が広くインナーテントがないと中でかがまず動けてノンストレスなのですが、内側からベンチレーション(換気部分)のメッシュ開閉に手が届かないかと思いきや、そこは問題がない作りになっていました・・・!

上部メッシュのチャックに棒がついているので、背の高さを気にせず開閉可能
紐部分をひっぱれば開きます

そして「これは嬉しい!」と感じたのがこちら。

ハンガーテープが付属しています!

別で買わなくて良いのがいいですね!
ランタンやシェラカップ、手拭きなどを吊るしておくことができて便利かつかわいい♪

カラビナがある方がフック型になっていないランタンなども吊り下げることができます☟

4人家族での使用は可能か・・・・!?

なるべく1幕で済めば荷物も少なくて車載の悩みも減りますが、こちらのテントは何人家族での使用が快適なのか、筆者が実際に家族でキャンプした感想を記します!

このようにインフレータブルマット(ダブルサイズ)をインナーテント内に置くとかなり窮屈になってしまいました。3人家族でギリギリかな、という印象です。
寝袋を敷き詰めた形であれば4人でも寝られるとは思いますが、快適とは言いづらい状態になるのではないでしょうか。もし4人家族で使用する場合はインナーテントを張らず、コットを置いて寝るスタイルだと良いのかもしれません!

雨の日の使用は・・・!?

コットンテントの宿命ともいえることですが、濡れるとかなり重くなり撤収が大変になります。耐水圧が公式には記載されていないため不明ですが、少々の雨天では中が少し湿るくらいで問題ありませんでした。雨予報が事前にわかっているのであれば違うテントを選ぶ方がよいかもしれませんね。
※インナーテントは耐水圧1,800mmなので、内部まで濡れることはほぼないかと思います。

その他気を付けておくべきポイント

●その1●
最近販売されているものはよくあることですが、こちらのテント(インナー含む)は取扱説明書が入っていません
電波の弱いキャンプ場だと説明書が開けない!なんてことがあるかもしれないので、予めダウンロードしておきましょう。

●その2●
インナーテントの下部は薄い作りになっているため、グランドシートは必須かと思います。専用のシートは販売されていませんので、何か代用できるものを持参しましょう。
☟コストを抑えつつ少しでもおしゃれに!グリーンシート!

自分好みのサイトを作ってキャンプを満喫しよう!

「SABBATICAL( サバティカル )MORNING GLORY TC 」を張って、おしゃれなテントサイで自分だけの居心地の良いキャンプを楽しむ!アウトドアの楽しみ方は人それぞれですが、SNSにも映えるテントを自慢しちゃうのもアリ。 

また、インナーテントを張らずに夏であればコット寝スタイルや、スカートもついているので冬は灯油ストーブをINして年中使うことができます!いつか憧れの薪ストーブも併せて使用してみたいですね^^