【超簡単!】メスティンでのパン作りには「CAMPan」がおすすめ!固形燃料でも焼ける超簡単メスティンパン!

キャンプで焼き立てのパンを作りたい!」誰しも一度はそのようなことを考えたことがあるのではないでしょうか?

しかし、美味しいパンを自分で作るのは技術や経験が必要となるため、初心者に取ってはハードルが高いのも事実。

「キャンプでパンを作りたいけど作り方がわからない…」

「挑戦してみたけど美味しく作ることができなかった…」

今回はそんな悩みを解決してくれる「CAMPan」をご紹介いたします!

メスティンで誰でも簡単に美味しいパンを作ることができる製品となっていますので是非ご覧ください!

広告

メスティンで作るパン「CAMPan」とは?その魅力を紹介!

CAMPanとはキャンプ用の冷凍パン生地で、誰でも簡単に美味しい焼き立てのパンを作ることができる製品です。

創業30年、東京の保谷の老舗パン屋さん「JOURS(ジュール)」が製造・販売を行なっています。

味はプレーンスイートの2種類があり、どちらも非常にシンプルな味わいとなっています。

CAMPanの公式オンラインショップは以下のリンクからご覧ください↓↓↓

https://jours-pan.stores.jp/

CAMPanの魅力は大きく以下の3点が挙げられます。

CAMPanの魅力
①材料を計量したり、こねたりする手間が必要が無い
②初心者でも失敗しにくく、美味しいパンが焼ける
③アレンジ次第で様々な味わいの焼き立てパンを楽しむことができる

①材料を計量したり、こねたりする手間が必要ない

パンを美味しく作るためには「材料の計量」が非常に重要なポイントとなるため、正確に計量する必要があり、大きな手間がかかります。

また、初心者がこねると手に張り付いてベトベトになって上手に生地を作ることが難しいです。

初心者の場合はパンの生地を作って完成までには2時間以上かかることがほとんどです。

CAMPanは解凍した状態から発酵、焼き上げまでに1時間程度しかかかりません。

パン作りの手間を減らし、時短を実現してくれるのがこのCAMPanです。

②初心者でも失敗しにくく、美味しいパンが焼ける

パン作りに挑戦してみたものの、上手に膨らまなかったり、硬いパンが出来上がってしまったりなど初心者では上手に作ることが難しいです。

このCAMPanは解凍した生地を発酵させて弱火で焼くだけなので、火加減さえ気をつけていれば失敗することはほとんどありません。

キャンプ場でパンを作ってみたけど大失敗…

そんな失敗を避けることができます。

③アレンジ次第で様々な味わいの焼き立てパンを楽しむことができる

CAMPanはシンプルな味わいとなっているので、ソーセージを入れたり、チョコやナッツを入れたりなど、自由にアレンジすることもできます。

薄く伸ばしてピザやナンを作るのも非常におすすめです。

こんな美味しそうなピザをキャンプ場で食べることを想像しただけでワクワクします。

このように、アイデア次第で様々な焼き立てのパンを楽しむことができるのです。

CAMPanの作り方を紹介!

次にCAMPanの作り方を詳しく解説していきます。

作り方は非常に簡単で大きく4STEPとなります。

STEP.1 冷凍庫から取り出し解凍する

生地を冷凍庫から取り出して常温(15℃程度)になるまで解凍します。

室温で放置して約1〜2時間もあれば十分に解凍できると思います。

また、キャンプに持っていく場合は移動中に解凍すると、ちょうどキャンプ場についた頃には溶けて使用できるようになります。

翌朝の朝食で使用したい方はクーラーボックスに入れて保冷剤の一部として使うのも良いかもしれません。

STEP.2 生地を丸め直し、成形する

次にガスを抜くように生地を抑えて、表面が張るように丸め直します。

下側に向かって折り込んでいくように丸めると表面がきれいに仕上がります。

この時、表面にできているグルテンの膜を傷つけないようにすると焼き上がりがきれいになります。

折り込んで、写真のようにとじ目を作ると生地がしっかりと張ってくれます。

美味しく作るPOINT
・生地表面を傷つけないように折り込んで張りを出す

STEP.3 生地を発酵させる

メスティンに生地を並べて室温で発酵させます。

生地を焼いた際に焦げ付かないようにオーブンペーパーを敷き、蓋にはバターを塗っておくことをおすすめいたします。

また、発酵中に生地が乾燥するのを防ぐために、固く絞ったキッチンペーパーをかけることをおすすめいたします。

写真のようにきれいに膨れたら発酵の終了です。

美味しく作るPOINT
・オーブンペーパーを敷き、蓋にはバターを塗る
・乾燥させないように濡れたキッチンペーパーなどをかける

STEP.4 弱火で20〜30分焼いて完成!

最後の焼成の工程です。

今回は熱源としてアルコールストーブを使用しましたが、固形燃料やガスコンロでも問題なく焼けると思います。

約20〜30分ほど弱火で焼き、メスティンから取り出して完成です!

以上がCAMPanを使ってメスティンでパンを作る方法となります。

非常に簡単にパンを作ることができるとわかっていただけたと思います。

ラージメスティンを使用すれば一度で大きなパンを作ることもできます!

美味しく作るPOINT
・弱火でじっくりと焼く
・前後左右に移動させて全体を満遍なく焼く
・定期的に焦げていないかを確認しながら焼く

CAMPanを実際に食べた味わいは?パンを焼いてみた感想を紹介!

焼き上がったパンは「ふわふわでモチモチ感が強く感じられる食感」で柔らかく焼き上がりました。

プレーン生地で作ったパンはほんのり塩味を感じるシンプルな味わいで、バターやカレー、スープなど料理と合わせやすい味わいでした。

スイートの生地は控えめな甘さを感じることができ、バターやジャム、チョコなどと合わせるとより美味しく召し上がることができると思います。

どちらも素朴な味わいで、キャンプの朝に作るのも非常におすすめです。

キャンプで実際にパンを焼いてみると、味が美味しいのに加えて「焼き立てのパンを作」という経験がとても楽しく、新鮮に感じました。

キャンプ料理にマンネリしてしまっている人は是非CAMPanでパン作りに挑戦してみることをおすすめいたします。

また、小さなお子様のいるキャンプには特におすすめだと感じました。

親子でパン作りを通して家族の絆を深めるきっかけになります。

CAMPanで美味しい焼き立てパンを作って人気者になろう!

以上、今回はメスティンで誰でも簡単に焼き立てパンを作ることができる「CAMPan」をご紹介いたしました。

メスティンに入れて発酵させ、とは弱火でじっくり焼くだけで美味しいパンが焼き上がりました。

キャンプをしながらパンを焼くというのは、いつものキャンプを新鮮に、より一層楽しむことができるきっかけを作ってくれます。

グループキャンプやファミリーキャンプに持って行ったら人気者になれること間違いなしのアイテムです!

是非、皆様もCAMPanで美味しいメスティンパンを楽しんでください!

CAMPanの公式オンラインショップは以下のリンクからご覧ください↓↓↓

https://jours-pan.stores.jp/