【LandField】出会ってしまった。厚み3mmオール鉄製。重厚で頑丈な一生物の焚き火台!

広告

ソロキャンプ用からファミリーキャンプまで幅広く対応!GREEN FUNDINGで焚火台先行発売中!

コロナ禍の今、アウトドアは密を避けて楽しめる趣味として注目されていますが、アウトドアの魅力の一つといえば焚き火ですね。

揺らめく炎を眺めたり、薪が燃えるパチパチ音を聞いたりしていると、忙しい日々を忘れ、心に落ち着きを与えてくれます。

しかし近年、直火が禁止されているキャンプ場が増えており、火を焚こうにも場所を探すのに苦労した経験はありませんか?

場所を選ばずに手軽に設置できて、頑丈で永く使える焚き火台があったら・・・」という想いに応える新製品がLandField(ランドフィールド)から登場しました。

手軽に焚き火を楽しめるよう、コンパクトサイズ、簡単組み立て、そして頑丈で永く使える事をコンセプトに設計された「焚き火台」は厚み3mmのオール鉄製です。

この記事では、製品の特徴と五徳を用いた便利な使い方をご紹介いたします。ソロキャンプからファミリーキャンプまで手軽に楽しめるアウトドアグッズをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

LandFieldの焚き火台とは?

●厚さ約3mmのオール鉄製で重厚な重みがあり、焚き火の熱で歪みが出にくく非常に頑丈です!まさに一生物の焚き火台です。

●ネジや工具は不要。パーツをスリットに差し込むだけで完成します。

●専用ゴトクは用途に合わせて幅の調節が可能です。凹凸付きなので、串焼きも簡単♪

●収納袋付きで持ち運びも簡単です。

手間をかけて作り手のこだわりが詰まった、キャンパーの心をくすぐるセンスの良い焚き火台になっております。

ブランドロゴを職人が一つ一つ削り出しを行っています。こぼれる火のぬくもりがなんとも癒されますね。

製品の特徴

■肉厚な鉄板を使用

本体を構成する鉄板の厚みは約3mmとなっており、頑丈に作られております。
各パーツを職人が丁重に製造し、高級ブラック焼付塗装を行っております。

※厚みはパーツによって若干前後いたします。

シンプル構造=簡単組み立て 

本体は鉄板5枚+ゴトクを組み合わせる、シンプルで判りやすい構造となっております。

組立動画をご覧ください。

動画は判りやすいよう、ゆっくり組み立てを行っておりますが、慣れてしまえば10秒程で組み立てが完了します。
キャンプ場に到着して、説明書をいちいち確認しながら組み立てる・・・という事は必要ありません!

■安定感のある重厚な土台 

耐荷重は約70kg。人が乗っても全く歪みません。ダッチオーブン等の重量のある鍋も安定して置くことができます。

※画像は耐荷重を判りやすく表現する為のイメージです。危険なので製品の上に乗らないでください

■使いやすい専用五徳(ゴトク)

専用のゴトクは、凹凸がついており串焼きや網の置き台として幅広く使用可能です。7ヶ所にスリットがありますので、串焼きや、クッカー台、網置き台等、用途に応じて五徳幅の調整が可能です。作りも非常にしっかりしているので、キャンプで使う調理器具をガシガシ使えます。

■灰受け皿をプレゼント

環境に配慮し、発売記念としてGREEN FUNDING限定で専用の灰受け皿をプレゼント!灰受け皿を使用することで、灰を受ける以外にも、熾火が地面に落ちることを防いだり、輻射熱が地面に伝わることを防ぐ効果があります。

収納バッグ付属

焚き火台をすっぽり収納できる専用バッグ付き。お気に入りの場所に持ち運びましょう。灰受け皿も収まるよう、持ち手やデザインを少し調整しております。

■お手入れ方法
使用後は本体が完全に冷えてから灰の処理を行いましょう。

プレゼントの灰受け皿があるので、落ちた灰も簡単に捨てられます。

材質が鉄になりますので、何もお手入れをしないと錆びてしまいます。
利用後は水分をしっかりふき取り、油を塗っておくことで製品が長持ちいたします。
しかしこの問題に関してはあまり神経質になり過ぎず、多少の錆や変色も味があって良いと考えております。

使えば使う程、だんだん味のある「自分だけの焚き火台」になる過程を楽しみましょう。

製品寸法

本体寸法

収納状態の寸法

灰受け皿寸法

収納バッグ寸法

セット内容

製品仕様
本体サイズ(約):横幅30cm×奥行25cm×高さ20cm
収納サイズ(約):縦17cm×横30cm
灰受け皿サイズ(約):縦28cm×横33cm
収納バッグサイズ(約):縦21.5cm×横42cm
※収納バッグサイズは灰受け皿に合わせてデザインが変更になる場合がございます。
板厚:約3mm
重量:焚き火台本体(五徳含む)4.45kg、灰受け台0.8kg
耐荷重:約70kg
素材:鉄

※使用上のご注意

・製造工程上、細かい傷が付いてしまう場合がございますが、品質に問題はございません。
・ご使用後は、本体が完全に冷めてから収納してください。燃焼中に水を掛けると急激な冷却により変形、及び耐久性がおちることがあります。
・本製品は屋外用となります。テント内や狭い場所、換気の悪い場所で使用しないでください。
・ご使用の際は、燃えやすい物から50cm以上離して使用してください。
・転倒の恐れのないよう、平らな場所でご使用ください。

購入について

焚き火台は現在、クラウドファンディングで先行販売をしております。ご購入を希望される方はクラウドファンディングプラットフォームのGREEN FUNDING(グリーンファンディング)のプロジェクトページからお手続きいただきますよう、お願い申し上げます。

▼プロジェクトページ

https://greenfunding.jp/lab/projects/5027

▼クラウドファンディング開催期間

2021年8月​18日(水)~2021年9月24日(金)

<目標金額>​200,000円

▼スケジュール

・2021年8月中旬:プロジェクト開始

     ↓

・2021年9月下旬:プロジェクト終了

     ↓

・2021年9月下旬:リターン開始

▼価格

一般販売予定価格:14,800円

〇超超早割り1台:通常価格の32%OFF→9,980円(限定100名様)

〇超早割り1台:通常価格の25%OFF→11,000円(限定100名様)

〇早割り1台:通常価格の20%OFF→11,800円(限定100名様)

〇GREEN割り1台:通常価格の15%OFF→12,500円(限定80名様)

販売メーカーについて

■LandField(ランドフィールド)のご紹介

私たちは宮城県の国内メーカーです。
2011年の東日本大震災の経験を元に、防災に役立つアイテムや、アウトドア用品の企画・開発をしております。2020年9月にアウトドア・キャンプ用品を主に提供する LandField(ランドフィールド)ブランドを立ち上げました。

”スマートスタイル”をコンセプトに「食う・寝る・遊ぶ」をもう一度見直したい。生活スタイルが一変した昨今だからこそ閉鎖的でつまらない時間から解放された「野性的で自由な時間を。」どんな人にも様々な場所でアウトドアライフを体感できる、便利で魅力的な製品を提供して参ります。
皆様のご支援、どうぞよろしくお願いいたします。

LandFieldの公式サイトは以下をご覧ください↓↓↓
https://www.landfield-web.com/