【最新】キャンプ用アウトドアワゴン11選!大容量からミニサイズ、コールマンやコストコのモデルまでまとめて紹介!

キャンプではテントやタープ、寝袋、食器、テーブル、チェア…などなど、どうしても荷物が多くなってしまいますよね。

車からサイトまでの距離が離れてしまうと、さらに荷下ろしが大変になってしまいますよね。

そんな時に大活躍するのがキャンプ用アウトドアワゴンです。

今回は、さまざまな大きさやメーカーのキャンプ用アウトドアワゴンをまとめてご紹介します。

最後まで読んで、アウトドアワゴン選びの参考にしてくださいね。

広告

キャンプ用アウトドアワゴンの選び方

まずはキャンプ用アウトドアワゴンの選び方を紹介いたします。

どのような基準で選べば良いかわからないという方は是非参考にしてください。

サイズ・容量

サイズや容量は一度に運ぶことのできる荷物の量に関係する非常に重要な要因となります。

容量の目安として大型のモデルは?L、中型は?L、小型は?程度となります。

ファミリーやグループキャンプで持ち運ぶ荷物の量が多い方は大型のものをおすすめいたします。

一方で少人数やソロでのキャンプには小型のモデルの方が取り回しがしやすいため適しています。

耐荷重

耐荷重も一度に乗せられる荷物の量に大きな影響を与えます。

耐荷重以上の荷物を乗せてしまうとタイヤが壊れたり、積荷が崩れたりと大変な思いをしてしまうことがあります。

?kg以上あれば一般的なキャンプ道具のセットは積み込みできるので、そちらを目安に購入することをおすすめいたします。

タイヤの大きさ

タイヤの大きさは砂利道や段差が多い路面において、運搬の安定性に大きな影響を与えます。

タイヤが小さいと少しの段差でも引っかかってしまい、大きな労力を要します。

一方でタイヤのサイズが大きいと段差を乗り越えてくれるため、楽に荷物を運搬することができます。

体力の温存だけでなく、揺れによる積荷の崩壊の危険性も軽減することができます。

フェスなどの路面の悪い状況を長距離移動する必要がある場合は、タイヤの大きさもしっかりとチェックしてから購入しましょう。

テーブル機能の有無

出典:Amazon

アウトドアワゴンは荷物を運び終わってしまうとキャンプ中は折りたたんで収納している方が多いと思います。

折りたたんだとしても意外と大きくて邪魔になるということも少なくはありません。

テーブル機能付きのワゴンであればテーブルや収納スペースとして使用することができるためワゴンを有効活用することができるので、一石二鳥の機能です。

購入時のポイントとして考慮に入れてみるのも良いかもしれません。

キャンプ用アウトドアワゴン11選!大容量からミニサイズ、コールマンやコストコのモデルまでまとめて紹介!

それではキャンプ用アウトドアワゴン11選を紹介いたします!

2021年の最新版モデルや定番モデル、大容量からミニサイズのモデルまで特徴的な製品を厳選いたしました。

是非ご自身にぴったりなアウトドアワゴン選びにお役立てください。

【2021年最新モデルのアウトドアワゴン】:コールマン アウトドアワゴン メッシュ

引用元: コールマン

コールマンの2021年新商品です。

メッシュ素材でできているため、水にぬれても乾きやすく、キャンプはもちろんのこと、日常やビーチでも使いやすいアイテムです。

四隅についているネジ留めを外すことで荷台の取り外しも可能であるため、汚染時もすぐに洗うことができ長く使うことができます。

販売個数限定商品ですので、気になる方はお早めに。

値段14,800円(税込)
使用サイズ約107×53×94cm
荷台サイズ約88×42×高さ31cm
収納時サイズ約23×41×78cm
重量約10kg
耐荷重約100kg
材質生地/ポリエステル フレーム/スチール

【2021年最新モデルのアウトドアワゴン】:ロゴス 丸洗いカンガルーキャリー

引用元:ロゴスショップ

ユニークな商品名のついた、ロゴスの新モデルです。

その名の通り、カンガルーのように荷室が2つに仕切られています。

生地の取り外しが簡単でいつでも丸洗いできるため、いつでも清潔に使うことが可能です。

値段オープン価格
使用サイズ約50×103×高さ55cm
収納サイズ約53×18×高さ76cm
荷台サイズメイン荷室 約74×41×高さ29cm サブ荷室 約38×19×高さ14cm
重量約8.9kg
耐荷重約100kg
材質フレーム/スチール 生地/ポリエステル(PVCコーティング) 底板/MDF 車輪/ポリプロピレン、PVC

【人気の定番モデル】:コールマン アウトドアワゴン

引用元: コールマン

こちらは、定番のコールマンアウトドアワゴン。

耐荷重が100kgで生地がしっかりとしていることから、避難生活に備えて持っている人もいるんだとか。

キャンプ以外のシーンでも活躍しそうですね。

値段13,800円(税込)
使用時サイズ約160×53×高さ100cm
収納時サイズ約18×40×高さ77cm
荷台サイズ約88×42×高さ31cm
重量約11kg
耐荷重約100kg

【1万円以下で買えるコスパの良いモデル】:コストコ フォールディングワゴン

引用元 Costco Japan

1万円でお釣りがくる、コスパ抜群のアウトドアワゴンです。

しかも、耐荷重は136kgと他社製品を超えています。

安くて丈夫なので、キャンプ初心者にもおすすめです。

コストコフォールディングワゴンレビューした記事は以下をご覧ください↓↓↓

合わせて読みたい!

近年キャンプ場だけでなく、公園や動物園、運動会などでよく見かけるようになったアウトドアワゴン。 コールマンやロゴス、DODなど、様々なアウトドアメーカーから出ていますが、我が家が購入したのは、コストコに売ってあった「フォールディング[…]

値段8,580円(税込)
使用時サイズ約94×55×65cm
収納時サイズ約56×20×82cm
重量10.5kg
耐荷重136kg
材質フレーム/スチール ハンドル/TPR、プラスチック 生地/600Dポリエステル

【テーブルとしても使用できるモデル】:DOD キャリーワゴン

出典:amazon
出典:Amazon

別売の天板と合わせて使うことで、テーブルとしても利用できます。

荷物運びの後にも役立つワゴン、優秀です。

値段ワゴン13,300円(税込) 天板7,864円(税込)
使用時サイズ約53×95×高さ60cm
収納時サイズ約20×30×高さ80cm
重量約13.5kg
耐荷重100kg
材質フレーム/スチール 生地/ポリエステル強化メッシュ(PVCコーティング)
ワゴン容量約125L

【大きなタイヤで砂利道にも強いモデル】:WAQ アウトドアワゴン

キャンプやフェスでは砂利道などの悪路を長距離移動することもあるため、タイヤの大きさも重要なポイントとなります。

大きなタイヤが特徴の、WAQアウトドアワゴン。

芝生や草道、砂浜や石が多く引っかかりやすい場所でも、スイスイと進むことができます。

段差もクリアできるので、あらゆるシーンで大活躍間違いなし。

引用元:WAQ 

こちらの商品も、天板とセットで購入することでテーブルとしても使用できます。

WAQのアウトドアワゴンをレビューした記事は以下をご覧ください↓↓↓

合わせて読みたい!

近年のキャンプシーンで何かと注目を集めているキャンプ用アウトドアワゴン。 ちょっと気にはなっているけど、実際の使用感とかはどうなんだろう?なんて気になっている人もいらっしゃるのでは無いでしょうか? この記事ではそんなアウトドア[…]

値段9,980円(税込)
使用時サイズ約49×95×高さ116cm
収納時サイズ約34×23×高さ82cm
重量11.2kg
耐荷重150kg

【おしゃれなデザインが魅力のモデル】:テントファクトリー オールランドキャリーワゴンDタイプWP

引用元:TENT FACTORY

デザイン性に優れたキャリーワゴン。

耐荷重は他社製品と比較すると少なめですが、少人数キャンプには丁度良い大きさです。

値段15,996円(税込)
サイズ93×51×高さ60cm
重量9.8kg
耐荷重80kg
材質フレーム/スチール カバー/ポリエステル・ターポリン

【深型収納が魅力のモデル】:山善 キャンパーズコレクション エブリデイキャリー

引用元:Amazon
値段8,801円(税込)
使用時サイズ39×75×高さ47cm
収納時サイズ20×39×高さ71cm
荷台サイズ39×75×高さ47cm
重量9kg
耐荷重80kg

深型設計がこの商品のポイント。

アウトドアワゴンで荷物を運搬していると、振動で荷物が崩壊してしまう…一度は誰しもそのような経験をしたことがあると思います。

深型収納のタイプのキャリーワゴンは荷物をたくさん入れても崩壊しにくく、安定した運搬が可能です。

また、ハイチェアやテント、タープなど高さのあるギアもワゴン内で倒れにくいため、ストレスなく運搬できます。

ギアを立てたまま運搬できるのも魅力的です。

【雨天でも安心!屋根付きキャリーワゴン】:キャリーマン キャリーワゴン

引用元:Amazon

屋根付きで雨を防ぎ、荷物が濡れるのを防ぐことができるモデルです。

特徴的な形状で、人目を引くデザインが魅力。

耐火、生活防水材質を使用しているため、火の粉が飛んで穴が空いたり、雨でワゴン内がひどく濡れてしまったりといった心配がなく使いやすいワゴンです。

急な雨でも安心ですね。

値段13,800円(税込)
使用サイズ89×53×高さ28cm
耐荷重120kg
容量130L
材質フレーム/スチール

【安心のカインズ!】:カインズ 大型キャリーワゴン

出典:CAINZ

シンプルでコスパが良いことで大人気のカインズホームでも、キャリーワゴンを取り扱っていました。

デザインはシンプルそのもの。

コストコのワゴンと同様1万円でお釣りがくる、コスパの良いキャリーワゴンです。

カインズには他にもキャンプグッズが多数販売されていますので、合わせて購入してみても楽しいですね。

値段店舗9,800円 Web11,800円
使用時サイズ47×90×93cm
収納時サイズ29×35×73.5cm
重量11kg
耐荷重走行時100kg 静止時120kg

【ミニサイズのモデル】:ENDLESS-BASE キャリーワゴン

出典:amazon

一般的なアウトドアワゴンよりも一回り小さいモデルです。

使い勝手はそのままに、コンパクトで収納も便利です。

運搬する荷物が少ない方にはちょうど良いサイズ感となっています。

値段5480円
使用時サイズ幅42×奥行82×高さ83cm
収納時サイズ幅42×奥行20×高さ58cm
重量約7kg
耐荷重約80kg

アウトドアワゴンを活用してキャンプをより快適に楽しみましょう!

今回は、キャンパーなら是非持っておきたいアウトドアワゴンについて、最新のアイテムか定番のアイテム、ユニークなアイテムまで幅広くご紹介しました。

荷物はもちろん、お子様やペットを乗せることもできるアウトドアワゴン。

キャンプをより快適にするために、是非チェックしてみてくださいね。