審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社

この記事では、一般的な金融機関での審査に通らないが、それでも貸してくれるローン会社、特に「極甘審査ファイナンス」と呼ばれるような金融機関に焦点を当てています。これらの会社は、通常の銀行や大手消費者金融とは異なり、年収の半分程度までの借入が可能であるという特徴があります。

しかし、その一方で、年利が非常に高く、遅延手数料も厳格です。具体的には、年利は通常30%以上、場合によっては50%にも達することがあります。このような特性から、極甘審査ファイナンスは緊急時の資金調達には便利かもしれませんが、長期的な負債としては非常に危険です。

「審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社」のリスクと利点、そして安全な利用方法について詳しく解説しています。

  1. 高利率のリスクと返済負担の増加
  2. 遅延手数料の高さと借金の急増リスク
  3. 厳しい取り立ての方法と心理的圧力
  4. 社会的信用を失う可能性とその影響

消費者金融ランキング

ここで紹介するランキングの消費者金融では、場合によっては借りることのできる可能性があります。 自分は借りることができるのか、一度問い合わせをしてみても良いかもしれません。

順位会社名特徴
殿堂入りセントラル
  • ご利用が初めての方は最大30日間金利0円!
  • 全国に17店舗展開
  • ご融資額1万円〜300万円
1位フクホー
  • 安心の金利7.3%〜
  • カード発行不要、口座へ直接振り込み
  • ご融資額5万円〜200万円まで
2位キャレント
  • 3秒でネット借り入れ診断
  • 保証人・来店・カード不要
  • ご融資額最大500万円
3位アロー
  • 独自審査、来店不要
  • 最短即日振り込み
  • ご融資額200万円まで
4位ニチデン
  • 大阪・兵庫・京都・奈良・梅田など関西専用キャッシング
  • はじめて融資は100日間利息0!
5位 フタバ
  • 即日振り込み、来店不要
  • インターネットで24時間受付
  • ご融資額1万円〜50万円
6位デイリーキャッシング
  • インターネットでいつでも申し込み可能
  • 最短即日融資
  • ご融資額1万円〜8,000万円
7位いつも
  • 最短45分で振込
  • 無利息最大60日間
  • 女性スタッフが対応
8位首都圏専用キャッシング
  • パート・アルバイトでもOK
  • 複数ローンのおまとめ可能
  • 来店不要で即日融資
9位スカイオフィス
  • 最短30分のスピードキャッシング
  • 受付時間24時間
  • ご融資額1万円〜50万円
10位 エース
  • 24時間簡単に申し込み可能!
  • ご融資額1万円〜100万円
目次

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社の真実

絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンスの特徴

極甘審査ファイナンスは、その名の通り審査が非常に甘い金融機関です。一般的な銀行や大手の消費者金融では、年収の3分の1以上の借入は認められませんが、極甘審査ファイナンスではこのような総量規制が緩和されています。具体的には、年収の半分程度までの借入が可能なケースもあります。

しかし、その一方で、このような金融機関は高いリスクを伴います。年利は通常30%以上、場合によっては50%にも達することがあります。さらに、遅延手数料も厳格で、1日あたり最大で1000円、月になると最大で30,000円の追加費用が発生する可能性があります。

また、多くの極甘審査ファイナンスは、借入額に応じて「手数料」を名目にした追加費用を取ることが一般的です。例えば、10万円借りる場合、手数料として2,000円〜5,000円が上乗せされることが多いです。

このような特性から、極甘審査ファイナンスは緊急時の資金調達には便利かもしれませんが、長期的な負債としては非常に危険です。特に、遅延手数料や高い年利が積み重なると、元本を返済する前に多額の費用が発生してしまう可能性が高いです。

したがって、極甘審査ファイナンスを利用する際には、そのリスクをしっかりと理解した上で、短期間での返済計画をしっかりと立てることが重要です。具体的には、借入から1ヶ月以内に全額返済する、といった明確な計画が必要です。

ローンが通らない人の為のローンの選び方

ローンが通らないという状況は、多くの人にとって非常にストレスフルです。特に、信用情報が悪化している場合や、既に多額の借入がある場合は、一般的な金融機関からの借入が難しくなります。しかし、そういった厳しい状況でも、実はいくつかの選択肢が存在します。

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードには通常、キャッシング枠が設定されています。この枠内であれば、比較的簡単に現金を引き出すことができます。ただし、年利は15%〜18%と高めです。具体的には、10万円借りた場合、1年後には11万5千円〜11万8千円の返済が必要です。

親族・友人からの借入

親族や友人から借りる場合、年利は通常3%程度と非常に低いです。さらに、返済計画も柔軟に設定できる場合が多いです。例えば、6ヶ月以内に10万円を返済するといった具体的な計画が立てやすいです。

P2Pレンディング

近年注目されているP2Pレンディングも一つの選択肢です。こちらは個人間で資金を貸し借りする形式で、年利は5%〜10%程度です。ただし、信用情報が必要な場合もあり、完全に審査がないわけではありません。

地域金融機関や信用協同組合

地域に根ざした金融機関や信用協同組合は、一般的な銀行よりも審査が緩やかな場合があります。年利は7%〜12%程度で、地域貢献や社会的な側面を考慮して貸し出しを行っています。

質屋での質入れ

緊急時には質屋で貴金属やブランド品を質入れする方法もあります。この場合、商品の価値に応じて現金が手に入りますが、質入れ期間が過ぎると商品を失うリスクがあります。

これらの選択肢にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、自分の返済能力や資金調達の目的に応じて、最も適した方法を選ぶことが重要です。特に、返済計画をしっかりと立て、無理なく返済できる選択肢を選ぶことが肝心です。

本当にお金がどこからも借りれない時の対処法

このような状況に陥った場合、多くの人がパニックになりがちです。しかし、冷静になって考える必要があります。具体的には、質屋で不用品を売る、日雇いバイトで働くなど、短期間でお金を作る方法もあります。このように考えると、絶対的な「貸してくれる場所がない」という状況は少ないかもしれません。

絶対貸してくれる金融のリスクとは

絶対に貸してくれる金融機関のリスクについて考える際には、いくつかの重要なポイントを理解する必要があります。まず、これらの金融機関は一般的に非常に高い利率を設定しています。年利が数十%に達することも珍しくなく、特に短期間での返済が求められることが多いです。例えば、30%の年利で借りた場合、10万円を借りると1年後には13万円を返済する必要があります。

さらに、遅延手数料も大きなリスクです。一部の金融機関では、1日あたり2000円の遅延手数料が課されることもあります。このような高額な手数料は、返済が遅れた場合に借金が急速に膨れ上がる原因となります。1ヶ月間遅延しただけで、遅延手数料が6万円に達する可能性があるため、借り手の負担は非常に重くなります。

また、取り立てが厳しい点も見逃せません。これらの金融機関は、返済が滞った場合に非常に積極的な取り立てを行うことがあります。昼夜を問わず電話や訪問が繰り返され、心理的な圧力がかかることもあります。最悪の場合、家族や職場にまで影響が及ぶことがあり、社会的な信用を失うリスクも伴います。

このように、絶対に貸してくれる金融機関には高利率や高額な遅延手数料、厳しい取り立てといった多くのリスクが存在します。これらのリスクを理解し、自分の返済能力を冷静に評価することが重要です。安易に借りることは避け、他の選択肢も検討することを強くお勧めします。

個人でお金貸しますという広告の裏側

このような広告に出会った場合、多くの人が興味を持つかもしれません。しかし、これらは多くの場合、闇金や詐欺に繋がる可能性が高いです。そのため、非常に注意が必要です。具体的には、事前にその業者が登録貸金業者であるかどうかを確認することが重要です。

総量規制でどこも借りれない人へのアドバイス

総量規制は、個人が年収の3分の1以上を借り入れることを制限する法的な枠組みです。この制限によって、多くの金融機関からの借入が難しくなる場合があります。しかし、そういった状況でも、いくつかの対策が考えられます。

親族・友人からの借入

この方法は年利が低く、返済計画も柔軟に設定できる場合が多いです。具体的には、年利が2%〜3%、返済期間を6ヶ月〜1年といった条件で借りることが一般的です。ただし、この場合には借入証明書を作成することが重要です。これは、後々のトラブルを防ぐため、また税務上の証明としても有用です。

信用保証協会の利用

信用保証協会は、中小企業者などが資金を借りる際の保証人となってくれる機関です。年利は5%〜7%程度で、総量規制の対象外となる場合もあります。

クラウドファンディング

近年人気のクラウドファンディングも一つの方法です。特に、事業資金を調達する目的であれば、総量規制の対象外となるケースがあります。

資産を活用したローン

保有している不動産や有価証券を担保にすることで、総量規制の制限を受けずに資金を調達する方法もあります。ただし、担保にした資産の価値が下がるリスクがあります。

公的融資制度の活用

地方自治体や国が提供する公的融資も一つの選択肢です。これらは多くの場合、総量規制の対象外であり、年利も2%〜4%程度と低いです。

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社の安全な利用方法

誰でもお金貸しますという業者の正体

「誰でもお金貸します」と謳う業者には非常に注意が必要です。これらの業者の多くは、闇金や詐欺に繋がる可能性が非常に高いため、利用者は慎重に対応する必要があります。

1. 闇金業者の特徴

闇金業者は、貸金業登録を行っていない違法な業者です。彼らは高金利で貸し付けを行い、返済が困難になると厳しい取り立てを行います。法定金利を超える利息を請求し、場合によっては暴力的な手段を用いることもあります。年利が20%を超えるような金利を提示する業者は、特に警戒が必要です。

2. 詐欺業者の手口

詐欺業者は、融資を餌にして前金や保証金を要求する手口を使います。例えば、「審査通過のために保証金が必要」といった名目でお金を振り込ませた後、連絡が途絶えるケースが多いです。金融庁や消費生活センターに報告された事例の中には、被害額が数十万円に上るものもあります。

3. 登録貸金業者の確認

合法的な貸金業者は金融庁に登録されています。貸金業登録番号を確認し、金融庁のウェブサイトでその業者が登録されているかどうかを確認することが重要です。登録貸金業者でも、年利が20%以下であることが多いですが、契約内容を詳細に確認し、不明点があれば必ず質問しましょう。

4. 高金利のリスク

年利が20%に近い高金利は、返済が長引くと大きな負担になります。例えば、50万円を年利20%で借りた場合、1年後の利息だけで10万円となります。これに元金を加えた返済額は非常に大きくなり、借り手の経済状況を圧迫します。

5. 法的保護と相談窓口

違法な業者から借りてしまった場合でも、法的な保護を受けることができます。消費生活センターや弁護士に相談することで、違法な利息の支払いを拒否する手続きや、過払い金の返還請求が可能です。多くの自治体や法律事務所が無料相談を提供しています。

6. 安全な金融機関の選択肢

安全な金融機関から借りることを心掛けましょう。信用金庫や地方銀行などは、比較的低金利で融資を行っています。また、政府系金融機関や地域の中小企業支援センターなども、事業者向けに低金利の融資を提供している場合があります。

「誰でもお金貸します」という甘い言葉には慎重になり、適切な情報収集と判断を行うことが重要です。金融庁の登録業者を確認し、安全で信頼できる金融機関からの借り入れを検討してください。

無償でお金を貸してくれる人の見つけ方

無償でお金を貸してくれる人を見つけるのは、確かに非常に稀なケースです。しかし、そのような人物は主に親族や非常に信頼のおける友人、または長いビジネス関係を築いているパートナーに限られます。以下に、無償でお金を貸してくれる可能性が高い人を見つけ、信頼関係を築くためのポイントをいくつか紹介します。

関係性の深化

まず、その人とどれだけ深い関係を築いているかが重要です。具体的には、過去に何度も助け合った経験や、長い期間にわたる友情などが評価されます。

過去の取引履歴

金銭の貸し借りがスムーズに行われた過去がある場合、次回も無償で貸してくれる可能性が高まります。例えば、過去に10万円を貸して、期限内に返済した経験があるなら、その信頼は非常に高いと言えます。

信頼の証明

信頼を証明するためには、共通の知人やビジネスパートナーからの推薦が有効です。特に、その推薦者が信頼性の高い人物であれば、無償での貸し借りがスムーズに進む可能性があります。

明確な返済計画

無償でお金を貸してもらう場合でも、将来的に何らかの形で恩返しをする意志があることを明確に伝えることが重要です。これにより、貸してくれる人も安心感を持つことができます。

法的な文書の作成

無償であっても、念のため借用証を作成することをお勧めします。これは、後々のトラブルを防ぐため、また税務上の証明としても有用です。

信用情報が悪くても借りられる方法

信用情報が悪いと、一般的な銀行や大手金融機関からの借入が困難になることはよく知られています。しかし、それでも資金を調達する方法は存在します。以下に、信用情報が悪くても借りられる具体的な手段と、それに伴うリスクを解説します。

信用協同組合の活用

信用協同組合は、地域社会と密接な関係を持つ金融機関であり、信用情報が悪くても柔軟な審査をしてくれる場合があります。具体的には、年利が8%〜12%と、一般的な金融機関よりは高めですが、審査が通りやすい傾向にあります。

地域密着型の小規模金融機関

地域に根ざした小規模な金融機関も、信用情報が悪い場合でも貸し付けてくれる可能性があります。年利は10%〜15%程度となります。

ソーシャルレンディングの利用

オンラインで個人間の貸し借りを行うソーシャルレンディングは、信用情報が不足していても、プロジェクトの内容や個人の信頼性で資金を調達できる場合があります。年利は平均的には6%〜9%です。

担保や保証人を用いる

信用情報が悪い場合、担保や保証人を用いて借入を行う方法もあります。この場合、年利は5%〜8%程度に抑えられる可能性があります。

公的融資の活用

信用情報が悪くても、特定の条件下で公的融資が受けられるケースがあります。年利は2%〜4%と非常に低いですが、審査が厳格であることが多いです。

これらの方法にはそれぞれリスクが伴います。例えば、年利が高い場合、返済負担が大きくなる可能性があります。また、担保を用いる方法では、返済が滞ると担保物件を失うリスクがあります。したがって、どの方法を選ぶにせよ、そのリスクと負担をしっかりと理解した上で行動することが重要です。

闇金業者から身を守るためのポイント

闇金業者から身を守るためには、まずそのような業者に手を出さないことが最も重要です。もし手を出してしまった場合は、警察や弁護士に相談することが最良の方法です。具体的には、闇金業者との取引履歴やメッセージのスクリーンショットなど、証拠をしっかりと保存しておくことが重要です。

家計簿アプリでの支出管理のコツ

家計簿アプリを使って支出を管理することは、今後の金融計画に非常に役立ちます。このように考えると、毎月の支出をカテゴリ別に分けて、無駄な出費を削減することが可能です。例えば、食費で月に3万円、交通費で月に1万円といった具体的な数字を設定することで、無駄遣いを防ぐことができます。

日雇いバイトで資金を得る方法

日雇いバイトは、短期間で手に入れることができる資金調達の手段として注目されています。特に、急な出費が発生した場合や、月末の生活費が足りないといった状況で役立つことが多いです。以下に、日雇いバイトで資金を得る方法とその際の注意点を詳しく説明します。

時給の範囲

日雇いバイトの時給は、一般的に800円~1,200円程度です。しかし、スキルや経験によっては、1,500円以上の時給が設定される場合もあります。

労働時間の柔軟性

日雇いバイトは、1日だけでも働くことができるため、自分の都合に合わせて働くことが可能です。例えば、8時間働いた場合、時給1,000円であれば8,000円の収入が得られます。

稼げる上限

日雇いバイトでの月収は、多くの場合、20万円以下となります。これは、労働基準法に基づく週40時間の労働制限によるものです。

税金と社会保険

日雇いバイトでも、年収が103万円を超えると所得税が発生します。また、一定の条件を満たすと、健康保険や厚生年金にも加入する必要があります。

リスク管理

日雇いバイトは一時的な収入源であり、長期的な資金計画には不向きです。そのため、この収入を基に大きな買い物や投資をするのは避けるべきです。

以上のように、日雇いバイトで資金を得る方法は多くのメリットがありますが、その一方で税金や社会保険、長期的な資金計画といった面でのリスクも存在します。これらの点をしっかりと考慮した上で、日雇いバイトを活用することが重要です。

信用情報をしっかりと管理することの重要性

信用情報は、今後の金融活動に大きな影響を与えます。そのため、定期的に信用情報をチェックし、何らかの問題があれば早めに対処することが重要です。

安全な金融機関の選び方とそのポイント

安全な金融機関を選ぶ際には、以下のポイントを考慮することが重要です。

1. 登録貸金業者であるかどうかを確認する

まず、金融機関が金融庁に登録されている貸金業者であるかを確認しましょう。金融庁のウェブサイトで登録業者のリストを確認することができます。これは信頼性の基準となり、違法な業者を避けるために重要です。

2. 年利の比較

安全な金融機関を選ぶためには、年利の比較が欠かせません。一般的に、年利が10%以下であれば妥当とされていますが、特に優良な条件としては5%以下を目指すと良いでしょう。また、無利息期間が設定されている場合もありますので、初回借入時の特典を確認することも重要です。

3. 手数料の透明性

手数料が明確に表示されていることも重要なポイントです。例えば、遅延手数料が1日あたり500円以下であるかを確認しましょう。その他にも、契約手数料や事務手数料が発生する場合があるため、事前にすべての費用を確認することが必要です。

4. 口コミと評判

インターネット上の口コミや評判を調査することも有効です。特に、他の利用者がどのような経験をしているかを確認することで、その金融機関の信頼性を判断する材料となります。具体的な数字や実際の体験談を参考にすることで、より安心して利用できる金融機関を選ぶことができます。

5. サポート体制

利用者サポートの充実度も重要です。電話やチャットでのサポートが24時間体制であるか、相談窓口が設置されているかを確認しましょう。特に、初めて利用する場合には、困った時にすぐに対応してもらえるかどうかが重要です。

6. 金融商品の種類

提供されている金融商品の種類や条件も確認しましょう。多様な商品の中から自分に最適なものを選べる金融機関は、利用者のニーズに応じた柔軟な対応が期待できます。例えば、ローンの種類や投資商品のリスクとリターンのバランスなどを比較検討することが大切です。

7. 金融機関の経営状況

最後に、その金融機関の経営状況をチェックすることも重要です。経営が安定している金融機関は、長期的に安心して利用できる可能性が高いです。財務諸表や経営方針を公開している金融機関であれば、信頼性が高いと言えます。

これらのポイントを考慮することで、安全で信頼できる金融機関を選ぶことができ、安心して金融サービスを利用することが可能になります。

私は多重債務者でした

私は学生時代から好きだったパチスロが社会人になっても辞められず、200万程の借金を背負ってしまいました。

その後にFXを知り借金返済を考えましたが、ここでも大きな借金を作り結果として300万近い借金に。

カードローンから始まり、プロミス、アコム、アイフルなど消費者金融など大手の消費者金融から借りるだけ借り、そこでも借りれなくなった私は街金と言われる所からも借りました 。

月の支払い額は10万を超え、私の手取り18万の給料では生活すら出来ないレベルになって本当に首が回らない状態になり、仕事にも集中出来ず、精神的にもつらい毎日を2年程送っていました。

自己破産も考えましたが、ギャンブルの借金は自己破産できないと思っていたので諦めていました。 そんな時に出会ったのがこれ

結果ギャンブルの借金ではありましたが、無事債務整理する事ができて今は借金のない心健やかな毎日を送れています。

このサービスは4項目を入力するだけで自分の借金を減額出来るか、0にする事が出来るかわかります。

また匿名でもOKですので、過去の私と同じように借金で悩んでいる方は一度使った見てください

 

※匿名でも借金減額相談OKです

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社の真実 のまとめ

  1. 極甘審査ファイナンスは総量規制が緩い
  2. 高い年利と遅延手数料がリスク要素
  3. 短期間での返済計画が必須
  4. クレジットカードのキャッシング枠は高年利
  5. 親族・友人からの借入は年利が低いが信頼関係が必要
  6. P2Pレンディングは審査が存在するが柔軟
  7. 地域金融機関や信用協同組合は審査が緩やか
  8. 質屋での質入れは緊急時の選択肢
  9. 闇金や詐欺のリスクが高い「個人でお金貸します」広告
  10. 総量規制で借りられない場合は公的融資も選択肢
  11. 信用情報が悪い場合は信用協同組合や地域密着型金融機関が選択肢
  12. 家計簿アプリでの支出管理と日雇いバイトが資金調達の手段

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社の良くある質問

カードローンは他社の借入があっても組めるか?

他社からの借り入れがあってもカードローンを組むことは可能ですが、審査時に返済能力が重視されます。総借入額や収入、信用情報によっては審査が通らないこともあります。

どこも貸してくれないとき、どうすればいいですか?

どこも貸してくれない場合、親族や友人からの借り入れ、生活保護の申請、自治体の福祉資金貸付制度など、他の資金調達手段を検討することが重要です。

10万円を借りたいときの方法!審査なしで今すぐ必要なときに最も向いている手段?

審査なしで10万円を借りる方法としては、親族や友人からの借り入れが最も現実的です。個人間融資や質屋での品物を担保にした借入も選択肢となります。

100万円借りるにはいくらの収入が必要ですか?

100万円を借りるには、金融機関によりますが、一般的には年収が200万円以上が目安とされています。審査では返済能力や信用情報も重視されます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次