学生ローンはやめたほういい!やばいと言われる理由

「学生ローンはやめたほうがいい!」という声が多く聞かれるのはなぜでしょうか。特にカレッジ生活では、学費の捻出が大きな課題となりますが、学生ローンがその解決策としては必ずしもおすすめできない理由が存在します。この記事では、「学生ローンが怖い」と感じる方々に向けて、学生ローンのリスクや代替の資金調達方法について掘り下げています。特に、奨学金やその他の支援策についても触れ、学生ローンを避けるべき具体的な理由と安全な資金調達方法を解説します。

  1. 学生ローンの高金利と返済時の経済的負担について
  2. 返済遅延時の信用情報への悪影響について
  3. 学生ローンを利用する代わりの学費支援策(奨学金など)について
  4. 学生ローンを避けることで得られる財務的自立と金銭管理スキルについて
目次

学生ローンやめたほうがいい理由とは?

「学生ローンを利用すべきではない」という結論に至る理由は多岐にわたります。主に、学生ローンの特性とその利用が学生に及ぼす影響を考慮すると、利用を避けるべきであると言えます。学生ローンは一見便利に見えますが、高金利、返済に伴うリスク、無利子期間の不在、信用情報への影響、さらには闇金業者のリスクなど、数々のデメリットが存在します。これらの点を詳しく見ていくことで、学生ローンを利用することの真の意味と、それに伴うリスクを理解することができるでしょう。

学生ローンの高金利とその影響

学生ローンは通常、金利が14%~18%と設定されており、これは一般的なローンに比べて高い水準です。例えば、10万円を借り入れた場合、年利18%で計算すると、年間で18,000円の利息が発生します。アルバイト収入のみで生計を立てる学生にとって、この利息は大きな負担となり得ます。また、高金利が返済期間の延長を招き、結果としてさらに多くの利息を支払うことになる可能性もあります。

学生ローンの返済に伴うリスク

学生ローンの返済に伴うリスクは、具体的な数字を挙げることでより明確に理解できます。たとえば、10万円を年利18%で学生ローンとして借り入れた場合、月々の返済額を3,000円に設定したとします。この場合、返済総額は約140,000円に達し、元金に対して約40%の利息が加算されることになります。また、もし返済が1か月遅延した場合、遅延損害金として利息制限法で定められた上限20%が適用されるため、さらに2,000円の追加負担が生じる可能性があります。

アルバイトで月収5万円を稼いでいる学生の場合、返済額は月収の6%を占めます。これは、生活費や学業に必要な費用を考慮すると、かなりの負担と言えます。さらに、アルバイト収入には不安定さが伴うため、収入が減少した際の返済計画の乱れは避けられないリスクとなります。このような状況は、返済期間の延長や追加利息の発生につながり、最終的には経済的な困難に陥る可能性が高まるのです。

このため、学生ローンを利用する際には、借入額、金利、返済期間を念入りに計算し、収入の変動を考慮した上で現実的な返済計画を立てることが重要です。これにより、返済に伴うリスクを最小限に抑え、財務的な自立を目指すことができます。

学生ローンで無利子期間がない問題点

多くの消費者金融や銀行のローンでは、初回利用時に一定期間無利子サービスを提供していますが、学生ローンにはこのような無利子期間は存在しません。これにより、例え少額であっても借り入れから利息が発生し、返済額が増加することになります。一時的な資金繰りであっても、利息の負担を避けることはできません。

学生ローンの延滞利息の危険性

学生ローンを延滞した場合、利息制限法で定められた上限20.00%の延滞利息が発生します。例えば、10万円を借り入れて延滞した場合、年間で最大20,000円の追加費用が発生することになります。これは、学生にとって大きな負担となり、経済的な苦境を招く原因となり得ます。

学生ローン利用が信用情報に与える影響

学生ローンの利用が信用情報に与える影響は、具体的には返済履歴として信用情報機関に記録され、これが将来の金融取引に大きな影響を与えます。信用情報機関は、CICやJICCなどがあり、ここにはローンの利用履歴、返済状況、遅延情報などが詳細に記録されます。

例えば、学生ローンの返済を3回以上遅延すると、それは信用情報に「延滞」として記録されます。この延滞記録は、少なくとも5年間は保持されるため、その期間内に新たなクレジットカードを申し込んだり、住宅ローンを組む際に不利な影響を及ぼすことがあります。たとえば、住宅ローンの金利が0.1%上昇するだけでも、数百万円の返済総額の増加につながることもあり得ます。

また、信用情報に傷がつくと、携帯電話の分割払いやショッピングローンの利用にも制限がかかる場合があります。信用情報の回復には時間がかかるため、学生時代のローン利用は特に慎重に行う必要があります。信用情報の健全性を保つためには、ローンの利用は必要最低限に留め、返済計画を実行可能な範囲で設定することが重要です。また、万が一の返済遅延を防ぐための予備計画を立てることも、信用情報を守る上で有効な方法と言えます。

学生ローンとカレッヂ怖い:闇金業者のリスク

学生ローン市場には、残念ながら違法な高金利を要求する闇金業者が存在することも事実です。これらの業者は、法定利息以上の高金利で融資を行い、返済不能に陥った学生をさらなる経済的苦境に追い込むことがあります。特に学生は金融知識が乏しい場合が多く、そうした悪質な業者の罠に落ちやすいという危険性があります。

学生ローンの借り入れ癖とその後遺症

学生ローンを利用することで、「借りる」という行為に慣れてしまうことがあります。これが将来の借金癖につながる可能性があり、金銭管理の悪い習慣を育てる原因となり得ます。例えば、学生時代に簡単に借り入れができると感じた学生は、社会人になってからも金銭管理の面で問題を抱えることが多くなります。

学生ローンやばい:返済不能への道

学生ローンの利用が返済不能への道を開く可能性は、具体的なシナリオを考えることでより明確になります。例えば、月収5万円のアルバイト収入に依存する学生が、生活費の補填のために10万円を学生ローンで借り入れたとします。このローンの年利が18%で、返済期間が1年と設定されている場合、月々の返済額は約9,000円となります。これは月収の約18%に相当し、他の生活費や学業関連の支出を考慮すると、学生にとってかなりの負担となります。

もしアルバイトのシフトが減少し、月収が4万円に落ち込んだ場合、返済額が月収の22.5%を占めることになり、返済に割くことができる金額は一層限られるようになります。さらに、教科書購入や緊急の医療費など、予期せぬ出費が発生した場合、財政的なバランスが崩れ、返済遅延や最悪の場合、返済不能に陥るリスクが高まります。

このような状況は、学生ローンの利用を検討する際に深刻な検討が必要であることを示しています。学生は、ローンの利用前に、収入の変動性、生活費、教育費などの総合的な財務状況を把握し、返済可能な範囲内での借入れを心がける必要があります。また、将来的な収入の不安定性を考慮して、万が一の場合のための緊急資金の確保も重要です。これにより、返済不能への道を未然に防ぐことができます。

学生ローンの代替策:奨学金の活用

学生ローンの代わりに、奨学金を利用することを検討するのが賢明な選択です。奨学金は、無利子または低金利で提供されることが多く、返済条件も学生ローンに比べて柔軟です。たとえば、日本学生支援機構(JASSO)の奨学金は、収入に応じて返済額が調整されるため、経済的負担が軽減されます。

学生ローンと国の教育ローンの比較

国の教育ローンは、学生ローンと比較して金利が低く、返済条件がより柔軟です。例えば、日本政策金融公庫から提供される教育ローンは、金利が年1.95%と非常に低く設定されています。さらに、返済は卒業後に始まるため、在学中の負担が軽減されます。これに対して、学生ローンは高金利であり、返済期間も比較的短いため、学生にとっては負担が大きくなりがちです。

学生ローンの利用をやめて考えるべきこと

学生ローンの利用をやめ、その代わりに考えるべきことは、まず自己の経済状況の正確な理解です。自分の収入と支出を正しく把握し、無駄遣いを減らすことで、借金に頼らずに済む可能性が高まります。また、金銭管理能力を高めることで、将来的な金融リテラシーを身につけることができます。これは、社会人として独立して生活していく上で非常に重要なスキルとなります。

学生ローンやめたほうがいい代替策

学生ローンを利用しない場合、代替となる資金調達の方法はいくつか存在します。学生にとって利用しやすく、経済的な負担が少ない選択肢を検討することが重要です。これには奨学金制度の活用、国の教育ローン、または家族や信頼できる機関からの支援などが含まれます。

学生ローンの代わりにおすすめの金融手段

学生ローン以外に検討すべき金融手段としては、低金利の個人向けローンやクレジットカードのキャッシング機能が挙げられます。これらの選択肢は、学生ローンに比べて金利が低いことが多く、財務的な負担を軽減できる可能性があります。また、金融機関によっては、学生に特化した低金利のローンプランを提供していることもあります。

学生ローン代わりの学費支援策

学生ローン代わりの学費支援策として、学校が提供する学費免除や猶予制度の利用は非常に有効です。これらの制度は、特に経済的に困難を抱える学生に向けて設計されており、資格を満たす学生は学費の一部、あるいは場合によっては全額を免除される可能性があります。たとえば、ある大学では、家庭の年収が特定の基準以下である場合、学費の50%を免除する制度を設けています。また、特に成績優秀な学生に対しては、別途奨学金や授業料減免の機会を提供することもあります。

さらに、学校固有の奨学金制度も存在します。これらの奨学金は、学校が独自に管理し、学生の学業成績や家庭の経済状況、特定の活動への貢献などに基づいて付与されることが多いです。例えば、ある大学では、学業成績が特定の基準を超える学生に対して、年間30万円の奨学金を提供しています。

これらの支援策を利用する場合、学生は自身の状況を詳細に把握し、必要な書類を準備し、適用条件を満たしていることを確認する必要があります。また、これらの制度は限られた資源であるため、早めに申請することが推奨されます。

これらの学費支援策を活用することにより、学生ローンに頼らずに教育を続けることが可能になります。これは、将来的な財務的負担を減らし、学生がより安心して学業に専念できる環境を作り出すことに繋がります。

キャッシング枠と学生ローンの違い

キャッシング枠と学生ローンの違いは、利用の柔軟性と金利の面で顕著です。例えば、多くのクレジットカードではキャッシング枠の年利は約15%〜18%で設定されていますが、この金利は学生ローンの平均金利18%〜20%と比較すると若干低めです。また、キャッシング枠では、借入れ金額に応じて毎月の返済額を柔軟に設定でき、短期間での借入れに適しています。たとえば、5万円をキャッシング枠で借りた場合、年利18%で3ヶ月で返済すると、約1,500円の利息が発生します。

一方、学生ローンでは借入れ金額が大きく、返済期間も長期にわたることが多いです。学生ローンの場合、10万円を年利18%で1年間で返済すると、総返済額は約11,800円の利息が加わります。これは、総借入額に対して約12%の追加負担となり、学生にとっては重い負担になりえます。

キャッシング枠を利用する際は、金利と返済期間を事前に確認し、計画的に利用することが重要です。特に学生は、返済計画を慎重に立てる必要があります。不測の事態に備え、返済期間を短く設定し、利息負担を最小限に抑える戦略が望ましいです。また、キャッシング枠の利用は、クレジットスコアに影響を及ぼすため、借入れと返済の記録を慎重に管理することが求められます。

ゆうちょ銀行の貯金担保自動貸付のメリット

ゆうちょ銀行の貯金担保自動貸付は、手持ちの貯金を担保にして融資を受ける方法です。この制度のメリットは、低い金利で資金を調達できること、そして返済計画が柔軟であることです。自身の貯金を担保にするため、信用情報がそれほど影響せず、学生ローンよりもリスクが低い点が大きな利点です。

学生ローンの利用を避けるための予算管理

学生ローンを利用せずに済むためには、効果的な予算管理が不可欠です。これには、月々の収入と支出を把握し、無駄な支出を削減することが含まれます。また、貯金を心掛けることで、緊急時の資金として活用できます。予算管理は、将来的な金銭管理能力を育成する上でも非常に有効です。

学生ローン以外での生活費工面の方法

学生ローン以外で生活費を工面する方法として、アルバイトの収入を増やす、家計の見直しを行う、家族や親戚からの支援を受けるなどがあります。これらの方法は、返済の必要がない、または金融機関のローンに比べて条件が柔軟であるため、経済的な負担を軽減できる可能性があります。

学生ローンを利用せずに教育資金を確保する方法

教育資金を確保するためには、学生ローン以外の選択肢として、奨学金制度や教育ローン、さらには地域や学校固有の支援制度を利用する方法があります。これらの制度は、学生ローンよりも金利が低い、返済条件が柔軟であることが多く、学生にとって財務的な負担が少ない選択肢となるでしょう。

学生ローンの不利用による長期的な利点

学生ローンを利用しないことの長期的な利点には、信用情報の維持、借金癖の防止、将来の金融リテラシーの向上が含まれます。借金に依存せずに済むことで、財務的な自立を図ることができ、経済的な困難に陥るリスクを低減できます。また、学生ローンに頼らずに自己の財政を管理することで、将来的により大きな金融商品を利用する際にも、健全な判断基準を持つことができます。これらの利点は、学生時代の短期的な利便性を超えた、長期的な視点での安定した経済生活を築くために非常に重要です。

消費者金融ランキング

ここで紹介するランキングの消費者金融では、場合によっては借りることのできる可能性があります。 自分は借りることができるのか、一度問い合わせをしてみても良いかもしれません。

順位会社名特徴
殿堂入りセントラル
  • ご利用が初めての方は最大30日間金利0円!
  • 全国に17店舗展開
  • ご融資額1万円〜300万円
1位フクホー
  • 安心の金利7.3%〜
  • カード発行不要、口座へ直接振り込み
  • ご融資額5万円〜200万円まで
2位キャレント
  • 3秒でネット借り入れ診断
  • 保証人・来店・カード不要
  • ご融資額最大500万円
3位アロー
  • 独自審査、来店不要
  • 最短即日振り込み
  • ご融資額200万円まで
4位ニチデン
  • 大阪・兵庫・京都・奈良・梅田など関西専用キャッシング
  • はじめて融資は100日間利息0!
5位 フタバ
  • 即日振り込み、来店不要
  • インターネットで24時間受付
  • ご融資額1万円〜50万円
6位デイリーキャッシング
  • インターネットでいつでも申し込み可能
  • 最短即日融資
  • ご融資額1万円〜8,000万円
7位いつも
  • 最短45分で振込
  • 無利息最大60日間
  • 女性スタッフが対応
8位首都圏専用キャッシング
  • パート・アルバイトでもOK
  • 複数ローンのおまとめ可能
  • 来店不要で即日融資
9位スカイオフィス
  • 最短30分のスピードキャッシング
  • 受付時間24時間
  • ご融資額1万円〜50万円

学生ローンはやめたほういい!やばいと言われる理由のまとめ

  1. 学生ローンは高金利が特徴で、返済負担が重くなる
  2. 返済遅延すると信用情報に悪影響を及ぼし、将来のローン審査に不利になる
  3. 安定しないアルバイト収入では、計画通りの返済が難しい
  4. 学生ローンの利用は借金癖を生むリスクがある
  5. 返済不能に陥ると経済的困窮が深刻化する
  6. 奨学金や教育ローンなどの代替手段が存在する
  7. 学生ローンは無利息期間がないため、即利息が発生する
  8. 遅延損害金が発生し、さらに返済額が増大することがある
  9. 学生時代の借金は社会人になってからの信用に影響を与える
  10. 学校の学費免除や猶予制度を活用する方が賢明
  11. クレジットカードのキャッシング枠を利用する方が低リスク
  12. 財務的自立と健全な金銭管理スキルを身につけるためにも学生ローンは避けるべき
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次