ワークマンのキャンプギア情報をまとめて紹介!発売日や購入方法は!?初心者におすすめの低価格が魅力!

WORKMAN(ワークマン)はその名の通り、元々は現場作業や工場作業に適した作業服とその関連用品の専門店で、現場作業を行う人をターゲットとしているお店です。

ですが、最近ではさらに対象を広げ、アウトドア用品や普段着にも取り入れやすいアイテムなど、おしゃれでリーズナブルなアイテムをたくさん生み出し話題になっています。

パーカーや靴などの人気アイテムの売り切れが続出するほどの人気っぷりです。

SNSでも、#ワークマン、#ワークマン女子というハッシュタグが大流行しています。お仕事目的でも、プライベート目的でも皆に愛されているワークマン。リーズナブルで手に取りやすく、機能性に優れていることで有名ですね。そんなワークマンに、何とキャンプギアが初登場!これはわくわくが止まりませんね。

ワークマンで取り扱われるキャンプギアにはどのようなものがあるのでしょう。早速みていきましょう。

2022年春、ワークマン最新ギアや購入場所について解説した記事は以下をご覧ください↓↓↓

あわせて読みたい
ワークマンのキャンプギアはどこで買える?2022年春、最新のキャンプギアを紹介! コスパ最強とも謳われているワークマンから2022年2月22日にキャンプギアアイテムの最新作製品が登場しました! 4,900円のテントや1,500円のシュラフ、780円のランタンな...
目次

2022年春、WORKMAN(ワークマン)がキャンプ事業に本格参入!

出典:WORKMAN

WORKMAN(ワークマン)、ついにキャンプ事業に参入です。

コスパ最強とも謳われているワークマンから2022年2月22日にキャンプギアアイテムの最新作製品が登場しました!

4,900円のテントや1,500円のシュラフ、780円のランタンなど初心者の方でも手軽に購入しやすい価格設定ながら、使い心地や機能性にこだわったアイテムは約130点にも及びます。

ワークマンでは今までにも多数のアウトドア商品を打ち出してきましたが、簡単なレジャーやアウトドアに使えるようなアイテムが主で、本格的なキャンプギアまでは取り扱っていませんでした。

今回、ワークマンがキャンプギアの取り扱いを始めることになったのには、新型コロナウイルスの感染拡大が大きく影響しているんだとか。

新型コロナウイルス感染拡大により、旅行やイベント、レジャー等が大幅に制限され、気軽に外出できないできない日々が続いていますよね。

そんなコロナ渦の渦中ですが、キャンプでは工夫次第で密を避けることができるという理由から、この1年間の間にキャンパーが急増しているのです。

初めてキャンプをする人は、元々キャンプの経験が無いですよね。そんなキャンプ初心者さんが一度にキャンプギアを集めるのはかなり大変で、一通り揃えようとするとそれなりにお値段が張ります。

まずはレンタルから、と思っているキャンプ男子、キャンプ女子、キャンプファミリーがたくさんいるようです。

しかし、コロナ渦では話が変わってきます。感染拡大予防の観点から、一部のキャンプ場ではレンタルが制限されていたり、廃止されていたりします。

そこに目をつけたのが、皆の希望、ワークマン。

キャンプ初心者に優しい価格設定で幅広い商品展開を行い、「キャンプはじめてみようかな」という人々の背中を押してくれます。

またワークマンのキャンプギアは、初心者キャンパーからだけではなく、ベテランキャンパーからも注目されています。低価格、高品質というところで圧倒的な信頼を得ているのが、人気の理由です。

今回は、そんなワークマンのキャンプギアをご紹介します。

2022年春発表のワークマン新作キャンプギアを紹介!

2022年春発表の新作WEB限定おすすめキャンプギアをご紹介していきます。

WEB限定 BASICドームテント/FTE01

出典元:ワークマン公式HP

設営が簡単にできるソロ向け用のドーム型テント。

生地の撥水性は十分なスペックで、急な雨でも対応できます。

テント内部は換気に最適なベンチレーションや小物を入れられる収納ポケット、ランタンを吊り下げられるフックも付いているなど使い勝手も良好。

それでいて価格は5000円以下と驚きのお値段!

出典元:Instagram

カラーは6色から選べ、男女問わず初心者キャンパーの方やセカンドテントとしての購入にオススメです!

使用サイズ長さ215×幅104×高さ98cm
収納サイズ直径13×長さ55cm
重量2.5kg
素材ポリエステル100%
耐水圧フライシート約2,000mm、フロアシート約3,000mm
カラーコヨーテ×ブラウン 、キャメル 、グリーン 、レッド 、ネイビー 、迷彩
価格4,900円

WEB限定 FTE05 ワイドミシックドームテントAG

出典元:ワークマン公式HP

初心者のファミリーキャンパーにオススメな3〜4人用のテント。

シンプルな構造のドーム型テントのため設営も簡単。

前室にはチェアやテーブルを設置することができ、撥水加工を施したフライシートや、虫除け対策としても安心なメッシュ窓を採用するなど機能も充実しています。

使用サイズ長さ271×幅272×高さ171cm
重量11.0kg
素材ポリエステル100%
耐水圧フライシート約2,000mm、フロアシート約3,000mm
カラーホワイト、カーキ
価格17,800円

WEB限定 BASICスクエアタープ

出典元:ワークマン公式HP

日差しや雨よけとして便利なタープ。

形状は初心者キャンパーでも使いやすいスクエアタイプになっており、表生地には高撥水加工を施しているため雨の日も安心して使用できます。

カラーは自然に馴染みやすい3色から選べ、お値段も5000円以下と低価格です!

使用サイズ縦300×横347cm×高さ181cm
収納サイズ直径15×長さ55cm
重量2.5kg
耐水圧2000mm
カラーグリーン 、迷彩 、カフェオレ
価格4,900円

WEB限定 ミシックペンタゴンタープFT

出典元:ワークマン公式HP

タープの主流はスクエアタイプ(四角形)かヘキサゴンタイプ(六角形)ですが、ワークマンではスタイリッシュさを追求したペンタゴンタイプ(五角形)も発売!

独特な光沢感を備えた生地は火の粉が飛んできても穴あきを軽減、遅延させる防融加工や雨の日でも安心な高撥水加工を施されており、スペックも良好!

ソロや少人数でのキャンプにオススメです。

使用サイズ縦375×横382cm
収納サイズ直径12×長さ53cm
重量3.1kg
耐水圧2000mm
価格9,800円

WEB限定 FCS01 BASICスリーピングバッグ

お値段はなんと1500円と驚きの低価格な封筒型シュラフ。

表生地には撥水加工を施し、内側には携帯などの小物入れとして便利なポケットも付いています。ダブルファスナー仕様のため足元のみを解放したり、全て解放したりして大きなブランケットや掛け布団代わりとして使用することも可能です。

使用サイズ縦188×横71cm
収納サイズ円周73×高さ32cm
重量1.29kg
快適使用温度13℃
使用可能温度10℃
カラーコヨーテ 、ブラウン 、キャメル
価格1,500円

WEB限定 FCS03 フュージョンダウンシュラフ

出典元:ワークマン公式HP

冬の防寒着としてワークマンで人気を集めている「フュージョンダウン」を使用したマミー型シュラフ。

中綿は天然ダウン45%、フェザー5%、吸湿発熱わた50%を使用し、軽量ながら保温性に優れています。

値段は7,800円とお手頃な上、手軽に洗濯できるのも嬉しいポイント。

寒暖差の激しい春や秋でのキャンプや車中泊で使用するのにもオススメです。

使用サイズ縦220×横70cm(足元幅35cm)
収納サイズ円周57×高さ36cm
重量1kg(1個あたり)
快適使用温度4℃
使用可能温度-1℃
カラーブラック 、グリーン
価格7,800円

WEB限定 BASICアルミローコット

出典元:ワークマン公式HP

キャンプ場でベッドやベンチ、荷物置きとして幅広く活躍するコットもこの春ワークマンより登場します!

価格は5800円とローコストながら、張りのある生地によって寝心地も良好で、携行性や撥水性に優れているのでアウトドアでの使用にも最適です。

使用サイズ幅650×奥行1890×高さ160mm
収納サイズ直径150×高さ480mm
重量2.4kg
素材ポリエステル100%、アルミニウム合金
耐荷重最大100kg(静荷重)
価格5,800円

WEB限定 アウトドアマットレス

出典元:ワークマン公式HP

厚み3.5cmあるクッション性の高い低反発ウレタンフォームのマットレスのお値段は驚愕の1900円!

収納サイズは直径約24×60cmとやや大きめのため、車で移動するキャンパー向けではありますが、学生や人数が多いファミリーキャンパーなどにオススメな製品です!

使用サイズ幅600×奥行1800×厚み3.5mm
収納サイズ直径約24×60cm
価格1,900円

燃え広がりにくいローチェア(花柄のみWEB限定)

出典元:Instagram

携行性、難燃性に優れたアウトドア用チェア。

カラーは全部で6色から選べ、春の新作として新たに登場したのが女性にオススメのお洒落な花柄チェアです。

組み立ても簡単で用途を選ばない仕様なので、アウトドアシーンだけでなく、庭先や日常使いにもオススメです。

使用サイズ幅565×奥行510×高さ637(mm)
収納サイズ幅408×奥行130×高さ144(mm)
カラー柄:ブラック 、ピンク 、パープル単色:ブラック 、ネイビー 、ブラウン
耐荷重最大100kg(静荷重)
価格1,780円

耐熱フィールドテーブル

出典元:ワークマン公式HP

ローチェアにピッタリなサイドテーブルとしてオススメの耐熱加工を施したアルミテーブルです。

脚は1本1本ショックコードで繋がっているので、組み立ても簡単な上に収納時もコンパクトで持ち運びも簡単。

出典元:ワークマン公式HP

天板の広さは40×31.7cmと1人分の食卓としては丁度いいサイズ感です。

価格は1900円とコスパも良く、ソロキャンプにも最適です!

使用サイズ幅400×奥行317×高さ349mm
収納サイズ幅400×奥行110×高さ100mm
カラーグレー 、ブラック 、ネイビー
耐荷重最大15kg(静荷重)
価格1,900円

過去のWORKMAN(ワークマン)人気キャンプギアをまとめて紹介!

出典:WORKMAN

それではWPRKMAN(ワークマン)のキャンプギアをまとめて紹介いたします。

非常に安価で、キャンプ初心者の方におすすめのアイテムが多く揃っていますので是非チェックしてみてください!

①メスティン(2合炊飯盒)

出典:BE-PAL

価格:980円(税込み)
サイズ:容量450ml、横16.5cm、高さ6.3cm、奥行9.5cm

安い!筆者は、1980円の間違いでは?と何度も確認してしまいました。

2合炊飯合ごうのメスティンで、こんなお値段のものは見たことありません。

そもそも、メスティンとは、トランギアというスウェーデンのメーカーのアルミ製の調理器具で、炊飯や調理に使います。

お値段は1500円~5000円程します。それに比べてワークマンのメスティンのお値段。

メスティンには、表面にざらざらしていて尖っている”バリ”という部分があり、注意しないとケガをしてしまうこともあるので、”バリ取り”と”シーズニング”という作業が必要になります。

ですが、ワークマンのメスティンにはバリがないようです。すぐに使える手軽さも、嬉しいですね。

形状やサイズを見る限り現在amazonで販売されているMilicamp製のメスティンとほぼ同じであると思われます。

こちらは価格が1750円で販売されているので、ワークマンのメスティンの方が安いことがわかります。

Milicamp製のメスティンの詳しいレビューは下記のリンクからご覧になれます。

ワークマンメスティンの購入の際にも参考になりますので、是非ご覧ください↓↓↓

メスティンはたくさんの用途で使えます。

炊飯はもちろんですが、筆者はパエリアなどのご飯のアレンジメニュー、パスタや夜食のラーメン等麺類をゆでる時、シチューやカレーなどの煮込み料理にも使います。

このサイズ感だと、ソロキャンプならメイン料理に、ファミリーキャンプならばちょっとした副菜などにおすすめです。

初めてメスティンを買うという方には是非こちらをおすすめしたいです。

②メスティン用メッシュトレイ

出典:BE-PAL

価格:299円(税込)

メスティンと合わせて持っておきたいのが、こちらのメスティン用メッシュトレイ。

ステンレス素材です。

このアミがあることで、調理の幅がぐっと広がります。

蒸し料理が簡単に作れますし、下にウッドチップを敷くこと、くんせい料理も簡単にできてしまいます。

自然の中で食べるくんせい料理って、たまらないんです。ぜひ作ってみてくださいね。

網に関してもほぼ同様の商品が販売されているのですが、価格は480円となっています。

こちらもワークマン製品の方が安く購入することができます。

メスティン の薫製に関する記事は下記のリンクをご覧ください↓↓↓

③ポケットストーブ(簡易コンロ)

出典:BE-PAL

価格:499円(税込)
横9.7cm、高さ2.0cm、奥行7.5cm

簡単に組み立てができる、小さめのコンロです。

折りたたんで収納することができるので、メスティンの中にも収納することができます。

先ほどご紹介した、メスティンでの調理にぴったりです。固定燃料があれば、すぐに調理が可能です。まずはこちらのサイズのコンロを購入してみてはいかがでしょうか。

同様の商品はamazonで519円で販売されており、この製品も価格の安さではWORKMAN(ワークマン)に軍配が上がります。

④アルミテーブル

出典:BE-PAL

価格:980円(税込)

やっぱり、安い!!キャンプではとにかく荷物をコンパクトにしたいので、こちらのアルミテーブルは折り畳みが出来て持ち運びもしやすいです。

高さはないので、ちょっとしたご飯や飲み物を置いたり、地面に直置きしたくないクーラーボックスや調理器具などを置くのに適しています。

筆者も同じようなアルミテーブルを持っていますが、夜にキャンドルを置くのに利用しています。

ロースタイルのキャンプにもぴったりのアイテムです。

⑤コンパクトローチェア

出典:BE-PAL

価格:1500円(税込)

 折り畳みができるコンパクトローチェア。キャンプにはチェアは不可欠です。

温かいコーヒーを飲んだり、星空を眺めたり。キャンプならではの楽しみを味わうのに一役買ってくれます。

他メーカーでの相場は3000円~なので、こちらもやっぱり安いです。ブラック、迷彩、迷彩グレーの3色展開です。

⑥コンパクトハンマー

価格:680円(税込)

サイズが17cmと、持ち運びやすいコンパクトサイズのハンマーです。

頭は鉄製で、ペグ打ちや薪割りなどのシーンで活躍するアイテムです。

680円と安価なので、一つ備えて持っていくことをおすすめいたします。

⑦LEDランタンライト

出典:WORKMAN

価格:780円(税込)

明るさをハイ/ローの2段階に切り替えることができるLEDランタンライトです。

明るさは最大60ルーメン(HIGH時)、連続使用時間は約100時間(LOW時)となっています。

こちらも780円と、しっかりしたランタンでは破格で購入することができます。

幅10.5×奥行き10.5×高さ17.0cmとコンパクトで、ソロキャンプにもおすすめです。

⑧コンパクトライト

価格:499円(税込)

コンパクトサイズながら広範囲を照らすことができるので、暗がりで物を探すのに便利です。

磁石とフックがついているので、お好きな場所に貼り付けたり、ぶら下げることができます。

⑨着火バーナー ターボフレキシブル

価格:499円(税込)

風に強いターボライター式着火バーナーです。

火口と取手の距離が遠いので火傷しにくく、火口の向きを自由に変えられるので、あらゆる場面に対応することができます。

焚き火やバーベキューの火付けに非常に便利な着火バーナーです。

WORKMAN(ワークマン)のキャンプギアの発売時期や購入方法は!?

出典:WORKMAN

ご紹介したキャンプギアは一部で、他にもたくさんのラインナップとなっている、ワークマンキャンプギア。

どこよりもお得なワークマンのキャンプギアの購入方法をチェックしてみましょう。

2月上旬~、ワークマン、ワークマンプラスの店舗で順次販売開始

ワークマンのキャンプギアは、2021年2月上旬~、ワークマン、ワークマンプラスの店舗で順次販売が開始されているようです

店舗により取扱商品や個数が異なります。

筆者が実際に店舗に問い合わせたところ、人気で既に売り切れの状態でした。

また、再入荷の予定などは店舗の方もわからないそうです。

初心者キャンパーにも、ベテランキャンパーにも注目されているワークマンのキャンプギア。

大人気間違いなしなので、お店で見つけたら、買っておいて間違いはなさそうです。

オンライン販売はなし

残念ながら、オンラインでの販売は現時点では予定されていないそうです。

ワークマンのキャンプギア、手に入れたい人は是非店舗を覗いてみましょう。

”ワークマン巡り”をして、色々揃えるのも楽しそうですね。

【まとめ】WORKMAN(ワークマン)のキャンプギアは価格の安さが魅力!店舗で見つけた場合は即購入がおすすめ!

今回は、ワークマンから新しく登場したキャンプギアについてご紹介しました。

amazonで既に類似品は販売されていますが、それと比較してもWORKMAN(ワークマン)製品の方が安いことがわかります。

このように、価格の安さがWORKMAN(ワークマン)製品の魅力であることがわかりました。

今後、WORKMAN(ワークマン)オリジナルの商品が出てくるのも楽しみですね。

人気で既に売り切れの状態が続いているので、店舗で発見した際はすぐに購入することをおすすめいたします。

コロナ渦はまだまだ続きますが、時には自然に触れ、思いっきりリフレッシュしてみるのもいいですね。

リーズナブルで、高品質なワークマンキャンプギアを準備して、密を避けて、快適なキャンプライフを楽しみましょう。

ワークマンの秋冬の新作アウトドアアイテムや、2022年の新商品に関する情報は以下をご覧くださ↓↓↓

Sotopia限定
8A GARAGE ONLINESHOP
「10%割引」
クーポンコードを使って
10%割引で商品GET/
※2022年5月31日(火)まで
※おひとり様1枚まで
クーポンコード「7AYCEH5U」コピー
北海道の人口約6,000人の町からアウトドアギアを開発・販売しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

北海道の日本海を眺めながらアウトドアに関する情報を発信する「道産子アウトドア編集部」

目次
閉じる