ファイヤーピストンを購入して検証してみた!火がつかないときはどうすれば良い?付け方のポイントや使い方を紹介!

今回はamazonにて「ファイヤーピストン」という着火アイテムを購入したのでレビューいたします。

火の付け方のポイントや使い方も紹介いたしますので、火がつかないでお困りの方は参考にしてください。

目次

ファイヤーピストンとは?

ファイヤーピストンとは「空気の圧縮熱を利用して火を起こす着火器具」です。

空気を圧縮することで分子が高速運動し、それによって発生した熱を先端の着火剤に点火して火を起こす仕組みです。

ガスや電気に頼らず火種を作ることができ、サバイバル気分を味わえることからブッシュクラフト好きに人気のアイテムです。

amazonの格安ファイヤーピストン購入してみた!

amazonでファイヤーピストンと検索すると、1700円程度で最も安く購入できるのが上の写真のモデルです。

今回はこちらのモデルを購入し、本当に火がつけられるのか?使い勝手などを検証してみました!

ポチってから待つこと数日、何やら英語で書かれた箱が到着。

セット内容は上の写真の通りとなっています。

着火に必要なピストンや綿布、麻の火口に加え、パラコードや交換用のゴムリングが同梱されています。

シリンダーの先端は写真の通りで、こちらにチャークロスなどの着火剤を入れて圧縮することで火をつけます。

付属の綿布はそのままでは火種に使用することができないので、使用前に炭化させて「チャークロス」にする必要があります。

チャークロスの詳しい作り方に関する記事は以下をご覧ください↓↓↓

あわせて読みたい
チャークロスとは?超簡単な作り方を紹介!セリアのチャークロスも紹介! 今回は自作可能な着火剤である「チャークロス」とは何か、初めての方でもできる簡単な作り方を紹介いたします。 意外と簡単に作ることができるので、チャークロス作りに...

チャークロスの作り方は割愛しますが、ファイヤーピストンを使用する前にチャークロス作りをする必要がある点に注意してください。

説明書は英語で書かれているので、ファイヤーピストンを初めて使用する方にとっては理解しにくいかと思います。

記事内でファイヤーピストンの使い方や、着火のポイントを紹介していますので、是非参考にしてください。

ファイヤーピストンの着火方法を解説!

次に、実際にファイヤーピストンで着火を行う方法を紹介いたします。

STEP.1 ピストンの先端にチャークロスを詰める

まずはピストンの先端に指の腹を使ってギュッとチャークロスを詰めます。
ここで綺麗に詰めないと圧縮がうまくいかず、着火ができないことがあります。

STEP.2 ピストンを勢いよく押し込む

シリンダーにピストンをセットしたら、素早くシリンダーを垂直に押し込みます。
この際、シリンダーを底までしっかりと押し込むことが上手に着火するポイントとなります。

着火に成功すると写真のようにチャークロスに着火します。
消えないように息を吹きかけ火種を大きくします。

STEP.3 火種で麻の火口に着火する

付属の麻の火口に、先ほどできた火種を落として息を吹きかけて火を大きくします。

火口にしっかりと火が燃え移ったら着火成功です。

以上がファイヤーピストンの使い方の流れとなります。

ファイヤーピストンで着火している以下の動画も参考になりますので、事前に確認しておくことをおすすめいたします。

Sotopia限定
8A GARAGE ONLINESHOP
「10%割引」
クーポンコードを使って
10%割引で商品GET/
※2022年5月31日(火)まで
※おひとり様1枚まで
クーポンコード「7AYCEH5U」コピー
北海道の人口約6,000人の町からアウトドアギアを開発・販売しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

北海道の日本海を眺めながらアウトドアに関する情報を発信する「道産子アウトドア編集部」

目次
閉じる