【2022】人気のおすすめアウトドアチェア10選!おしゃれでコスパの良いモデルや、リクライニングモデルなど紹介!

アウトドアチェアは、キャンプをはじめあらゆるアウトドアの必需品ですよね。

さまざまな種類のアウトドアチェアのなかから、どれを選べばよいかわからないという人も多いのではないでしょうか。

今回は、アウトドアチェアの種類やそれぞれのメリット・デメリット、そしてキャンプスタイルに合ったアウトドアチェアの選び方から実際のおすすめアイテムまでしっかりとご紹介していきます。

目次

アウトドアチェアの形状やメリット・デメリットを解説

まず、アウトドアチェアの形状とそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

ハイタイプ

ハイタイプのチェアは、座面の高さが40cm以上ある、背もたれが長いタイプのチェアです。

背中をすっぽりと包み込んでくれるため、家庭で使用するダイニングチェアと同じようなイメージです。

食事をする際やゆっくりと団欒する際にくつろぎやすいです。

一方で、どうしても大きめのサイズになってしまうため、持ち運びのしやすさや軽量さという視点では不便に感じることもあります。

ロータイプ

ロータイプのチェアは、座面の高さが30cm程のアウトドアチェアです。

最近は100円ショップなどでも取り扱いがされており、さまざまな種類のチェアがあり初心者でも手を出しやすいという特徴があります。

ハイタイプよりも地面との距離が近くなるため、焚き火をする際に適しています。

しかし、膝を曲げるか伸ばすかどちらかの姿勢をとらざるを得ないため、脚が疲れやすいというデメリットがあります。長時間座り続けるのには向きません。

雨天時には汚染しやすくなるため、注意が必要です。

リクライニングタイプ

リクライニングタイプのアウトドアチェアは、ハイタイプのチェアよりさらに座面の高さが高めに作られたタイプで、リクライニングができるチェアです。

天体観測はもちろん、読書やお昼寝などリラックスしながら過ごしたい時にぴったりのチェアです。

ハイタイプのチェアと同様大きな作りになるため、持ち運びはしにくいです。

座椅子

アウトドアで使われる座椅子は、その名の通り地面に置いて使うタイプのチェアです。

使い方は、家庭で使う座椅子と同じです。

コンパクトに収納でき重量も軽いため、ソロキャンプや荷物を少しでも減らしたいキャンパーさんに向いています。ピクニックや登山などのシーンでも重宝し、いろいろなシーンで便利に使用することができます。

そんな便利なアウトドア用座椅子ですが、地面に置いて使用するため、雨天の時には使いにくく、天候を選んでしまいます。

ベンチタイプ

出典:coleman

ベンチタイプのチェアは、横並びに複数人座ることができます。

おしゃれなデザインのものが多数販売されています。

人数が多めのキャンプでは、ベンチタイプのチェアに座って語らい合うのもの楽しいものです。まるでリビングルームにいるかのようなリラックス感を味わうことができます。

また、座らない時には荷物置きとしても使用でき、大変便利です。

ですが、大きさはどうしても大きくなってしまうため、移動する車のスペース確保が必要になり、長時間の持ち運びは難しくなってしまいます。

スツール

スツールは、背もたれがなくおしりをちょこんと乗せるだけの小型なチェアです。

軽量で小型であるため、長時間の持ち運びも楽にできてしまいます。

おしゃれなデザインのものも多数販売されており、おしゃれキャンプをしたい人におすすめできます。

もたれがないため不安定になりやすいことには注意が必要です。

安定した地面を選んで使用する必要があります。

アウトドアチェアの選び方

アウトドアチェアの選び方で大切なのは、キャンプの目的や過ごし方に合っているかという点です。

リラックスしたいのか、アクティブに楽しみたいのか。過ごし方によって、適したチェアは異なってきます。

自分にピッタリ合ったチェアを探す手助けにしてみてくださいね。

携帯性

キャンプなどのアウトドアの際は荷物の数や量が多くなりがちですよね。荷物を少しでもコンパクトに、そして軽量にしたいと思うキャンパーさんも多いはず。

そんなキャンパーさんには、ロータイプチェア、座椅子、スツールなどコンパクトに収納できるタイプのチェアがおすすめです。

「大きさや持ち運びのしやすさは気にしないから思う存分リラックスしたい」というキャンパーさんには、ハイタイプチェア、リクライニングチェア、ベンチタイプチェアをおすすめします。

座り心地

アウトドアチェアを選ぶ際に、座りごこちも重要なポイントになってきます。

長時間使用する場合には、脚や腰が痛くなりにくいハイタイプのチェアやリクライニングチェアをおすすめします。

背中がすっぽりと包まれる分、足腰に負担がかかりにくく、快適に過ごすことができます。

ローチェアやスツールは焚き火を囲むのにちょうど良いチェアになりますが、背もたれが浅かったりなかったりする分疲れやすいといえます。

自身のキャンプスタイルに合っているか

アウトドアチェア選びの際には、キャンプスタイルに合っているかということも気にするようにしましょう。

ローキャンプならローチェアが、家庭のリビングダイニングのような形を目指すならハイチェアがおすすめです。

大人数で楽しみたい場合にはベンチタイプが複数必要になることもあるかもしれません。

どのような人数で、どんなことをして楽しみたいかを考えた上でチェアを選定していきましょう。

生地

チェアの生地にも注意が必要です。

焚き火を囲みながら使用する場合は、生地がコットンやポリエステルだと焚き火の火が飛んだ時にチェアに穴が空いてしまうことがあります。

また、子ども連れなど、飲み物をこぼしやすい場合はふき取りができるポリエステルのものや取り外して丸洗いできるタイプのものがおすすめです。

ドリンクホルダーの有無

キャンプでは、チェアに腰かけて非日常的な空間をじっくりと楽しみたい人も多いですよね。

そんな時、コーヒーやお酒が手元に欲しくなりませんか?

アウトドアチェアにはドリンクホルダーがついているものも多くあります。

飲み物がほしい時にいちいち席を立たなくてもよく、よりリラックスして過ごすことができます。

【2022】人気のおすすめアウトドアチェア10選!おしゃれでコスパの良いモデルや、リクライニングモデルなど紹介!

いよいよ実際におすすめしたいアイテムのご紹介です。

有名どころからお手頃で試しやすいものまで幅広くピックアップしてみましたので、是非参考にしてみて下さいね。

①コールマン:レイチェア キャンバス(ハイタイプ)

引用元: コールマン

こちらは、コールマンで最も有名で定番の、ハイタイプのレイチェアです。

最近のモデルチェンジでは、焚き火の火の粉に強いコットンキャンバス地が使われるようになり、筆者はじめ多くのキャンパーが待ち望んでいたタイプのチェアです。

焚き火のシーンでも安心して使用できます。

ハイタイプということだけあって、大きさは収納時も大きくなってしまいますが、自立するという特徴があるため置き場所には困りません。

デザインもカッコよくスタイリッシュで、使う人を選びません。

  • 価格:15,290円(税込)
  • 使用時サイズ:61×70×高さ98cm
  • 収納時サイズ:25×15×高さ89cm
  • 重量:約3.8kg
  • 材質:生地/コットン フレーム/アルミニウム
  • 座面幅:約50cm
  • 耐荷重:約80kg

②コールマン:コンパクトフォールディングチェア(ロータイプ)

引用元: コールマン

コールマンのローチェアです。

コンパクトに収納でき、持ち運びに便利なハンドルもついています。

アームレスト部分が肌ざわりの良い木でできていて、どこかぬくもりも感じられるデザインとなっています。

ローキャンプや焚き火にぴったりの座面高で、安定感もばっちりなこのチェア。

子どもから大人まで幅広い人におすすめです。

  • 価格:5,980円(税込)
  • 使用時サイズ:54×55×高さ61cm
  • 収納時サイズ:54×8.5×高さ56.5cm
  • 重量:約2.1kg
  • 材質:シート/ポリエステル フレーム/アルミニウム アーム/天然木
  • 座面幅:約47cm
  • 座面高:28cm
  • 耐荷重:約80kg
created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥4,704 (2022/05/17 20:05:19時点 Amazon調べ-詳細)

③コールマン:インフィニティチェア(リクライニングタイプ)

引用元:コールマン

「ストレスレスで、雲の上に寝転んでいるような上質な座り心地」をコンセプトに作られた、コールマンのリクライニングチェアです。

上質なリクライニングチェアなので、座り心地は最高で、そこから動きたくなくなってしまうほど。

しっかりとした作りなので、重量は重くなってしまいます。

座り心地を追及したいキャンパーさんにおすすめしたいアイテムです。

インフィニティチェアのレビュー記事は以下をご覧下さい↓↓↓

  • 価格:9,980円(税込)
  • 使用時サイズ:通常時92×69×高さ110cm 最大リクライニング時166×69×高さ90cm
  • 収納時サイズ:15×69×高さ90cm
  • 重量:約8.8kg
  • 材質:シート/ポリエステル フレーム/スチール
  • 座面幅:約46cm
  • 座面高:50cm(通常時)
  • 耐荷重:約100kg
created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥8,035 (2022/05/17 20:05:19時点 Amazon調べ-詳細)

④コールマン:コンパクトグランドチェア(座椅子タイプ)

引用元:コールマン

非常に軽量で小さな座椅子タイプのチェアです。

収納するとさらにコンパクトになるため、女性や子どもでも簡単に持ち運びができます。

荷物を軽量化したいミニマムキャンパーさんにピッタリのアイテムです。

フィールドではもちろん、テント内でも使用することができます。

また、キャンプだけでなく登山やハイキング、ピクニックなどの幅広いシーンで活躍するため、一つ持っておいて損はないアイテムです。

座椅子であっても、背中にアルミフレームがあることによりしっかりと支えられます。

  • 価格:3,980円(税込)
  • 使用時サイズ:39×52.5×高さ43.5cm
  • 収納時サイズ:10×14×高さ61cm
  • 重量:約1.3kg
  • 材質:シート/ポリエステル フレーム/アルミニウム
  • 座面幅:約37cm
  • 耐荷重:約80kg
created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥3,981 (2022/05/17 20:05:20時点 Amazon調べ-詳細)

⑤キャプテンスタッグ:アルミ背付きベンチ(ベンチタイプ)

引用元:キャプテンスタッグ 

「鹿ベンチ」の名で知られる、ベンチタイプチェアです。

持ち運びに便利な折り畳み式で、軽量なアルミニウムを使用していることで重量は3.8kgに抑えられ、そこまで重くないのが嬉しいポイント。

別売のカバーをかけたり、カバーをDIYしたり、ブランケットをかけたり…とさまざまなアレンジでおしゃれを楽しむ人が増えているんだとか。

自分なりのアレンジを加えて、おしゃれなキャンプを味合ってみてはいかがでしょうか。

焚き火などのシーンで2人がけできるのはもちろんのこと、普段は家庭でも使用できます。

複数人のキャンプや家族連れでのキャンプにおすすめしたいアイテムです。

  • 価格:12,000円(税込)
  • 使用時サイズ:110×56×高さ66.5cm
  • 収納時サイズ:104×64×厚さ85mm
  • 重量:約3.8kg
  • 材質:シート/ポリエステル フレーム/アルミニウム(表面エポキシ樹脂塗装)
  • 耐荷重:約140kg(片側70kg)
created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥7,700 (2022/05/17 20:05:21時点 Amazon調べ-詳細)

⑥ロゴス:スツール

引用元:ロゴスショップ

「カバンにも入っちゃうお手軽サイズ」がコンセプトのロゴスのスツール。

重量は驚きの600g。大きさもコンパクトです。

お値段もプチプラで、見た目もお値段もとってもかわいいスツールタイプのチェアです。

  • 価格:1,100円(税込)
  • 使用時サイズ:28×22×高さ21cm
  • 収納時サイズ:28×30×高さ1.9cm
  • 重量:約0.6kg
  • 材質:シート/ポリエステル フレーム/スチール
  • 耐荷重:約80kg

⑦DesertFox アウトドアチェア

スポーツ、アウトドア用品専門店のデザートフォックスが手がけた、枕付きのハイチェア。

おしり~腰部分がすっぽりと包み込まれる設計で、安定性に優れたアイテムです。

独自開発されたポリエステルとメッシュ生地で出来ており、通気性が良く、高強度で変形しにくい特徴をもちます。

コンパクトかつ軽量に収納できるため、携帯性にも優れています。

見た目もスタイリッシュでおしゃれですよね。

他のチェアと異なる点が、枕がついているところ。

しっかりとリラックスできますよ。

  • 価格:3,399円(税込)
  • 使用時サイズ:55×40×高さ90cm
  • 収納時サイズ:43×13cm×高さ13cm(2Lペットボトル程度)
  • 重量:約2.2kg
  • 材質:シート/ポリエステル、メッシュ フレーム/金属、連結プラスチック
  • 耐荷重:約150kg

⑧DULTON:ウッデンビーチチェア

引用元:DULTON 

シートのおしゃれが魅力のハイタイプのチェア。西海岸やアメリカを思い出させるようなデザインです。

けっこうな大きさのチェアですが、コンパクトに折りたたむことができ、持ち運び用のケースも付属しています。

写真映えするおしゃれな雰囲気のキャンプが好きな人や、女性キャンパーさんにおすすめしたいアイテムです。

  • 価格:16,280円(税込)
  • 使用時サイズ:55×64×高さ85cm
  • 収納時サイズ:20×16×高さ100cm
  • 重量:約3.5kg
  • 材質:シート/ポリエステル フレーム/スチール、天然木
  • 耐荷重:約100kg

⑨モザンビーク:アウトドアチェア

コンパクトで軽量であるにも関わらず、座り心地が非常に良いこちらのチェア。

背中をゆったりと預けることができ、筆者が長年愛用していて個人的に非常におすすめしたいアイテムです。

こちらのチェア、なんと高さを好きに調節することができてしまいます。

ポールにボタンがついており、低め、高めと調節できます。

食事の時、焚き火をみながらくつろぐ時、と目的に合わせて高さを変えられるのは非常に便利です。

生地には耐久性のあるオックスフォード生地が使用されているため、耐久性が高く、高級感のあるデザインに仕上がっています。

コスパの良さ、機能性ともに抜群ですので、ぜひ試してみて下さい。

  • 価格:4,980円(税込)
  • 使用時サイズ:50×60×71cm
  • 重量:約1.28kg
  • 材質:アルミニウム
  • 耐荷重:約135kg

⑩スノーピーク:Take!チェア

引用元:スノーピーク

スノーピークが開発した、丈夫な6号帆布性の生地を使用したキャンプチェアです。

汚染したら洗えるため、白地でも心配いりません。

フレームには、適度な弾力と強靭性を持った竹集成材を使っており、安定性は抜群です。

少し変わった見た目のおしゃれなローチェア。

素材にこだわりたい人におすすめです。

  • 価格:18,480円(税込)
  • 使用時サイズ:55×63×75cm
  • 収納時サイズ:10×15×98cm
  • 重量:約3kg
  • 材質:シート/綿帆布 フレーム/竹集成材アルミアルマイト加工 金具/ステンレス

スタイルにあったチェアでキャンをより快適・オシャレに楽しみましょう!

今回は、キャンプで使えるアウトドアチェアについてご紹介しました。

さまざまな種類、形、デザインのものが販売されており、購入する際に迷ってしまう人も多いと思います。

アウトドアチェア選びに大切なポイントをもう一度おさらいすると、「キャンプの目的に合っているかどうか」という点です。

ぜひ、自身のキャンプスタイルにピッタリな一脚を見つけてくださいね。

Sotopia限定
8A GARAGE ONLINESHOP
「10%割引」
クーポンコードを使って
10%割引で商品GET/
※2022年5月31日(火)まで
※おひとり様1枚まで
クーポンコード「7AYCEH5U」コピー
北海道の人口約6,000人の町からアウトドアギアを開発・販売しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

北海道の日本海を眺めながらアウトドアに関する情報を発信する「道産子アウトドア編集部」

目次
閉じる