キャンプのコーヒーはまずい!?プロが教える美味しい淹れ方とおすすめのコーヒーグッズを紹介!

キャンプで本格的にコーヒーを淹れてみたものの「あれ?まずい?」とガッカリした経験はありませんか?

キャンプの際自分で淹れたコーヒーが美味しくない場合、コーヒーの淹れ方が誤っている可能性があります。

そこで今回は、大自然の中で味わうコーヒーがより美味しく感じる淹れ方をプロが伝授!

また、これからキャンプでコーヒーを楽しみたい方にもおすすめしたいグッズもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

キャンプのコーヒーがまずい理由とコーヒーを美味しく淹れるポイントを紹介!

キャンプでコーヒーがまずい理由

キャンプでコーヒーを飲む方法は4種類

キャンプなどのアウトドアで本格的なコーヒーを楽しみたい場合、方法は4種類あります。

ドリップ

キャンプで最も手軽にコーヒーを楽しめるのが、ドリッパーにフィルターとコーヒーの粉末をセットしてお湯を注ぐドリップスタイル。

ドリッパーは台形型や円錐型などがありますが、アウトドアで使用するなら折り畳みができて、軽量かつコンパクトなものがおすすめ。

また、フィルターは形によってお湯の落ち方が異なるので、ドリッパーの形に合ったものを選ぶようにしましょう。

手軽にドリップコーヒーが楽しめるドリップバッグもキャンプには最適です。

プレス

簡単かつ本格的なコーヒー豆本来の風味や味わいを楽しみたい方は、コーヒープレスを使うのがオススメです。

円筒状の容器にコーヒーの粉とお湯を注ぎ、プランジャーと呼ばれるパーツでプレスすることで、コーヒーをこして抽出します。

素材はガラス製のものも多いですが、アウトドアで使用する場合はステンレス製や樹脂性のコンパクトで携帯性に優れたものがおすすめです。

マキネッタ

マキネッタはイタリアの家庭で一般的に使われ、沸騰させた水の気圧でコーヒーを抽出する 直火式エスプレッソマシンの総称で、別名モカエキスプレスとも呼ばれています。

大きさや形もさまざまですが、アウトドアで使用するなら携帯性に優れ、汚れや錆に強いステンレス素材のものや、安価で軽量なアルミ製のものがオススメです。

パーコレーター

パーコレーターは直火や焚き火を楽しむキャンプとの相性がいい循環式コーヒー抽出器具です。

使い方は水を沸騰させた後、専用のバスケットにコーヒーの粉を入れて蓋をし、しばらく待てば完成します。

香りが飛びやすく、豆を細かく挽とコーヒに混ざることがあり、同じ味を再現することが難しくはなりますが、それらの欠点もアウトドアならではの楽しみの1つと捉えたい方にオススメですよ。

おすすめコーヒーグッズ

それではキャンプでおすすめしたいコーヒーグッズをご紹介していきます。

timemore ミル

出典:timemore.japan公式インスタグラム

スタイリッシュかつ高級感を放つアイテムをお探しの方にオススメしたいのがTIMEMOREのコーヒーミル。

栗子コーヒーミルシリーズはプロも認めた機能を備え、豆を挽く粗さも約36段階まで調整できます。

サイズもコンパクトで軽量なモデルも販売されているので、家庭用だけでなくアウトドアにも最適です。

【スペック】

サイズNANO:12.5×8.9 、C2:14.7×5.2cm
重量NANO:360g、C2:430g
素材アルミ金属、ステンレス

割れないサーバー ストロン

透明で割れにくく、耐熱性のあるトライタン樹脂で作られたコーヒーサーバーは、注ぎやすく液垂れもしにくい形状ながら、口径が広くお手入れが簡単にできるのが魅力です。

また、電子レンジにも対応しているのでキャンプなどのアウトドアだけでなく家庭用としてもオススメです。

【スペック】

サイズ14.1×10.7×10.5 cm
重量148g
素材トライタン樹脂

ユニフレーム 折りたたみドリッパー

手軽に持ち運びできるアイテムとしてオススメなのが、折りたたみタイプのドリッパー。

ユニフレームのドリッパーは収納時薄くコンパクトになりポケットにも収まるサイズ。

本体2つとバネットケース、フィルター10枚もセットになっており、すぐに使えるのも魅力です。

【スペック】

サイズ13.5×12cm
重量65g
素材18-8ステンレス
created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥2,200 (2022/07/18 03:11:45時点 Amazon調べ-詳細)

ゼブラン

Zebrang(ゼブラン)はキャンプやアウトドアでコーヒーをよりスマートに楽しむためのギアを販売しているアウトドアブランドです。

①Zebrang 真空二重マグコーヒーメーカー 

出典元:Zebrang

保温性に優れたマグとストレーナーがセットになったコーヒメーカー。

コーヒー粉をストレーナーに入れてお湯を注げば簡単に出来上がり、初心者の方にもオススメ。

マグには蓋もついているので、淹れたコーヒーは冷めにくく、寒いキャンプ場でもコーヒー豆の味を損なうことなく楽しむことが出来ますよ。

【スペック】

サイズ12×9.3×10.7cm
重量260g
素材ステンレス
created by Rinker
Zebrang(ゼブラン)
¥3,300 (2022/07/18 03:11:46時点 Amazon調べ-詳細)

②Zebrang V60 フラットドリッパー 

出典元:Zebrang

世界中で使用されているV60ドリッパーがアウトドアでも使えるように作られたドリッパー。

小さく折りたたむことで、ポケットサイズになり持ち運びも簡単です。

ドリッパーの本体とホルダーの小さな穴にはフックで吊り下げることもでき、キャンプでは重宝すること間違いありません。

1〜4杯まで対応でき、ソロキャンプからグループキャンプまで幅広く活躍してくれます。

【スペック】

サイズドリッパー/径12 × 高8.5cmホルダー/幅13 × 奥行7.5 × 高1.5cm
重量70g
素材シリコーンゴム、ポリプロピレン

③Zebrang ハンドコーヒーミル 

出典元:Zebrang

嵩張りやすいハンドルはバンドの部分に収納できるので、持ち運びがコンパクト。

1度で2杯分のコーヒー豆を挽くことができ、お手入れの際は分解して簡単に洗浄することができます。

金属臭を避けるためにセラミックを採用しており、本格的な挽きたてのコーヒーの香りを手軽に楽しみたい方にオススメですよ。

【スペック】

サイズ15×5.3×19cm
素材メタクリル樹脂、ポリプロピレン

マキネッタ

マキネッタとは直火でエスプレッソを淹れることができるアイテムです。

キャンプでエスプレッソやアメリカーノを飲みたい方におすすめです。

① アルミ製 BIALETTI (ビアレッティ)モカエキスプレス

マキネッタ本場のイタリア老舗メーカーが販売している世界的にも人気なモデル。

ハンドルや本体の形状は使い勝手の良いデザインで長く愛用することができます。

また、サイズやカラーバリエーションも豊富で、自身に合ったものを見つけやすいのも特徴です。

【スペック】

サイズ約7×13×13.5cm
重量240g
素材アルミ製

②ステンレス製 BIALETTI (ビアレッティ) ヴィーナス

美しいフォルムが特徴的なヴィーナスはお手入れが簡単なステンレスを使用し、アウトドアだけでなく家庭用としても人気が高いモデルです。

サイズも使用する人数に合わせて選ぶことができ、使い心地だけでなくスタイリッシュなデザインにもこだわりたい方にオススメです。

【スペック】

サイズ約8×10.8×13.5cm
重量330g
素材ステンレス製
created by Rinker
BIALETTI(ビアレッティ)
¥12,926 (2022/07/18 03:11:48時点 Amazon調べ-詳細)

パーコレーター

パーコレーターはお湯が沸騰する際の圧力を使用してお湯を循環させてコーヒーを抽出する器具です。

一度に多くのコーヒーを作りたい方や、火の上に置いて再加熱して飲みたい方におすすめの抽出器具です。

①コールマン ステンレスパーコレーターIII

コールマンのステンレスパーコレーターIIIはなんと1300mlと大容量。

普段はコーヒーを淹れるだけでなく、ケトルとしても活用できます。

本体はお手入れが簡単で耐久性のあるステンレスを使用し、取手は熱くならないように天然木を採用しています。

大容量のためファミリーキャンプやグループキャンプにオススメですよ。

【スペック】

サイズ12×23×17
重量630g
素材ステンレス製、天然木
コールマン ステンレスパーコレーター3 170-8028

②スノーピーク ステンレスパーコレーター

スノーピークのパーコレーターはシンプルなフォルムとロゴの存在感を活かしたデザインが特徴的。

本体と取っ手は耐久性に優れたステンレスを使用し、直火や焚き火でも楽しめます。

容量は900mlとおよそ6杯分のコーヒーを淹れられるので、家族や友人と焚き火を囲みながらコーヒーを楽しみたいにもオススメですよ。

【スペック】

サイズ11.5×11.5×19cm
重量820g
素材ステンレス製
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥39,000 (2022/07/18 03:11:49時点 Amazon調べ-詳細)

プレス

安定した味でボディ感の強いコーヒーを入れたい方におすすめなのがプレスです。

①アークトレーディング アメリカンプレス コーヒーメーカー

ガラスのような透明度の高い本体には耐衝撃性の優れたトライタン樹脂を使用。

フィルターには100ミクロンの極細スチール製を採用し、コーヒー豆本来の美味しさを余すことなく抽出することができます。

抽出後はポッド内のコーヒーカスを捨てるだけと、後片付けも簡単で使い勝手も良好です。

食洗機で洗浄もできるので、アウトドアだけでなくご自宅で使いたい方にもオススメですよ。

【スペック】

サイズ8.8×8.8×21cm
素材トライタン、ステンレス
created by Rinker
American Press
¥14,300 (2022/07/18 03:11:49時点 Amazon調べ-詳細)

②ESPRO コーヒープレス ステンレス 

スマートでスタイリッシュなデザインのフレンチプレス。  

コーヒー粉とお湯があれば簡単に香り高いコーヒーを味わうことができ、本体にステンレス真空断熱二層構造を採用しているので、いつでも淹れたてのコーヒーを楽しめます。

また、中のフィルターを外せば保温ボトルとしても持ち運びができるので、アウトドアだけでなく、職場に持っていくなど、普段使いとしても重宝してくれそうです。

【スペック】

サイズ6.5×6.5×23.5
重量210g
素材ステンレス製

コーヒーでキャンプをより一層楽しみましょう!

冬は特に温かいコーヒーが恋しくなる季節。

「キャンプで淹れるコーヒーは美味しくない」と感じていた方も、今回ご紹介した商品やコーヒーの淹れ方を参考にするだけで以前とは違った本格的なコーヒーを楽しめます。

キャンプで過ごす特別なひとときに、ぜひ皆さんもプロ顔負けの美味しい一杯を淹れて堪能してみてはいかがでしょうか?

Sotopia限定
8A GARAGE ONLINESHOP
「10%割引」
クーポンコードを使って
10%割引で商品GET/
※2022年5月31日(火)まで
※おひとり様1枚まで
クーポンコード「7AYCEH5U」コピー
北海道の人口約6,000人の町からアウトドアギアを開発・販売しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

趣味であるアウトドア分野や医療系分野をメインに執筆活動を行う看護師ママライター。

定番のアウトドアブランドからガレージブランドまで、幅広いギアの情報を集めるのも大好き!

当メディアでは皆さんのお役に立つ情報をお伝えしていきます。

目次
閉じる